MENU
相談受け付けています。
ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

「+F FS040W」の専用ホームキットありと無しで速度の違いを検証

「+F FS040W」の専用ホームキットありと無しで速度の違いを検証

国内モバイルルーターでは根強い人気となった富士ソフトのSIMフリーモバイルルーターFS030Wの後継機となる「FS040W」。

今回はモバイルルーターとしての機能だけではなく、このホームルーターキットを使えば置くだけWiFi(ホームルーター)に切り替えることができるスグレモノです。

FS040Wの専用ホームキット
ヒカモバ

前回はFS040Wを自腹で購入しレビューを実施しましたが、今度は専用ホームキットも自腹購入したのでホームキットありとなしの場合の速度の変化などもチェックしてみようと思います。

前回のFS040W本体単体の実機レビュー

目次

別売りの「専用ホームキット」は1万円弱

「+F FS040W」が現在新品で19,800円ほどで販売をしていますが、オプションとなる専用ホームキットは別売りとなり現在1万円弱(10,780円)で販売されています。

参考価格
FS040W本体13,000〜17,000円
専用ホームキット10,000〜11,000円
合計23,000〜28,000円

本体とホームキットを合わせると約25,000円ほどの初期投資が必要な製品です。

ヒカモバ

下手すると光回線用の無線LANルーターよりも値段は高めなので躊躇する値段設定ではありますよね^^;

富士ソフト(Fujisoft)
¥11,990 (2024/04/19 10:17時点 | Amazon調べ)

「+F FS040W」専用ホームキットの中身

専用ホームキットは電源が必要になるのですが、箱から取り出すと専用キット(クレードル)と説明書のみです。

ちなみに電源供給は「 FS040W」本体に付属しているUSBタイプCのケーブルと電源アダプタを利用します。

注意なのが「+F FS040W」専用のアダプタ以外とUSBケーブルを使うと電源ボタンが点滅したままで利用できませんでした。

ヒカモバ

これは結構落とし穴だと思います・・・USBケーブルも電源アダプタも付属していないので他の物で流用できるだろうと思っていたのですが、スマホ充電で使っているいくつかのUSBケーブルや電源アダプタでは正しく起動できません。

また有線LANケーブルも付属されていません。1万円ほどする価格なので、通常の無線LANルーターだとLANケーブルと電源アダプタも付属しますので、この専用ホームキットの付属品周りはちょっと不親切だと感じました^^;

専用ホームキットはこのUSBタイプCの差込口に差し込んで充電しながら通信を行う方式です。

FS040Wを差し込むと画面上は「ホームキット接続中」と表示され「ホームキット接続完了」と表示されたらセットアップが完了です。

ホームキットでの通信が可能な状況になると真ん中の電波マークのランプが点灯します。ちなみに右側は有線LANケーブルで接続している場合のみに点灯します。

ヒカモバ

FS040Wとホームキットによるホームルーター化の切り替えは差し込むか取り外すかだけになるので切り替えは〜1分ほどで完了するので特に難しい操作はありません。

FS040Wの「専用ホームキット」による恩恵をおさらい

もしも外で使うことがメインの方はFS040Wのルーター単体のみで十分なので、わざわざホームキット購入する必要はありません。

ただしこの専用ホームキットを使うことにより得られる恩恵について再確認すると大きく分けて2つのメリットが存在します。

【メリット①】基本スペックが向上する

FS040W単体ではWiFi速度が最大433Mbps、通信端末の同時接続が最大15台までとなっており、これでも十分なスペックです。

ただし専用ホームキットへ本体を装着することでWiFi速度が最大867Mbps、端末の同時接続が最大32台までスペックアップします。

+F FS040W専用ホームキット(公式ページ)

それだけではなくホームキットには2つのストリームアンテナによってビームフォーミング機能が使えるようになりルーター単体よりも自宅内での電波が届きやすいという恩恵があります。

ヒカモバ

あくまでも速度やこの機能については理論値での話になるので劇的に速度が速くなったりという過度の期待はしないほうがよいですが、より通信が快適に行える環境が備わるのは間違い無いでしょう。

【メリット②】有線LANでの接続ができる

メリット①に関してはどうしても自宅の建物や障害物の環境に左右されるので大きく変化するわけではありませんが、有線LANでインターネットへ接続できるのは安定度に大きくメリットがあります。

ヒカモバ

特に大容量データをダウンロードする場合や通信が安定してほしいオンラインゲーム(マルチプレイ対戦)などでは効果を発揮するでしょう。

自宅で接続するデバイスが多い方や家族で複数台の端末を接続する方、複数の部屋での利用で電波を届かせたい場合には専用ホームキットがあると有利であることは確かです。

専用ホームキット「あり」と「なし」で速度比較の実験

FS040W単体とホームキットありの状態での通信速度を比較。

では実際にFS040W単体のみで接続した場合の通信速度と専用ホームキットを利用した場合の速度を比較してみたいと思います。

FS040Wには楽天モバイルのSIMを差し込む

ちなみにこのFS040WにSIMカードを差し込んでいるモバイル通信は「楽天モバイル」の無制限プランです。

※3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円、そしてそれ以上の無制限ならどれだけ使っても3,278円の使い勝手が良いプランで契約の縛りもないので気軽に使えます。

もちろんFS040Wは幅広いLTEの周波数に対応しているので大抵の格安SIMやモバイルプランのSIM契約で利用することができます。

ちなみにFS040Wはデフォルトでは2.4GHzで通信を行っているため、2.4GHzと5GHzそれぞれの通信でも比較してきます。

FS040Wは2.4GHzから5GHzへ切り替える際にはレーダ探知のため1分〜2分ほど切り替えに時間がかかります。

2.4GHzと5GHzの周波数の違いは以下で解説しています。

2.4GHzでの接続による速度比較

まずは2.4GHzの周波数での接続を比較してみました。

FS040W単体での通信
FS040W単体+2.4GHz接続の速度

下り速度が13Mbps、上りが30bps、pingは33msでした。

FS040W+ホームキットでの通信
FS040W+ホームキット+2.4GHz接続の速度

下り速度が45Mbps、上りが27.5Mbps、pingは106msでした。

ヒカモバ

ホームキットで接続した場合のping値がちょっと気になりますが・・・

何度か試しましたが、下り速度は確実にホームキットの方が高速になっているのが分かります。

5GHzでの接続による速度比較

ping値がどうしてもきになるので、次は5Ghzで良い結果が出ることを期待します。コケたら専用ホームキットを購入した意味がないぞ・・・と思いつつ次は5GHzの周波数での接続を実施しました。

FS040W単体での通信
FS040W単体+5GHz接続の速度

下り速度が40Mbps、上りが33Mbps、pingは31msでした。

FS040W+ホームキットでの通信
FS040W+ホームキット+5GHz接続の速度

下り速度が89Mbps、上りが31Mbps、pingは30msでした。

5GHzに関しては下り速度も上り速度もFS040Wの単体接続よりも高速な通信を実現していました。

何度もテストをしていくうちに気づいたのですが、FS040W単体でも十分に感じますが、専用ホームキットを使った場合はさらに下り速度が確実に向上しているんです。

普段動画をみたり、アプリダウンロードなどがメインでの利用ならFS040Wでも問題ないですが、ファイル容量が多いデータのダウンロード等が多い場合は専用ホームキットありの方が快適に作業ができるということになります。

有線LANケーブルはやはり安定度が高い

最後におまけとしてホームキットの有線LANケーブルとFS040Wの単体(WiFi)接続を比較してみました。

接続に試したのはPS4のゲーム機です。オンラインプレイをするならやっぱりここの検証も必須でしょう。

FS040W×PS4のWiFi接続
FS040W単体とPS4のWiFi接続

下り速度が24Mbps、上りが3Mbpでした。

FS040W+ホームキットでの通信
専用ホームキットとPS4の有線LAN接続

下り速度が67Mbps、上りが5Mbpsでした。

FS040Wのホームキットで有線LAN接続

やはりゲーム機やパソコンなど有線LANでの接続はダウンロード、アップロード共に速度が向上しています。

ヒカモバ

有線LANについては速度というよりは途切れず安定した通信が行えるのが最大の利点になりますね。

ただやっぱり本格的にゲームをするのであれば、モバイル回線を使ったホームルーターよりも光回線の方が圧倒的に安定度は高いのは間違いないです。

「FS040W」専用ホームキットの検証まとめ

今回富士ソフトの後継機となるFS040Wから対応となった専用ホームキットを使ってみた検証結果から正直な感想を述べてみると

  • アップロードが多い仕事でネットを使う人
  • オンラインゲームで有線LANを使いたい方

このような用途でFS040Wを使うか考えている方には専用ホームキットがあったほうが確実に良いと思います。

ヒカモバ

ただし多くのライトユーザーにはこのホームキットは必須ではないと感じましたし、コストを考えればFS040Wでも十分だなと感じました。

とにかく気軽に持ち運べるモバイル単体としても使えるし、万が一拡張したいと思うのであれば専用ホームキットをあとから買い足すのが良いと思います。

富士ソフト(Fujisoft)
¥11,990 (2024/04/19 10:17時点 | Amazon調べ)

相談受け付けています。

ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次