MENU
相談受け付けています。
ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

他社からドコモ光に「事業者変更」時のキャンペーンや流れについて

他社からドコモ光に「事業者変更」時のキャンペーンや流れについて

ドコモのスマホを利用している方で自宅でも光回線を利用しているなら、やはりドコモ光への切り替えを行った方がペア回線におけるセット割などで安くなりメリットが多いです。

そこで最近では店舗やドコモショップ店員さんがおすすめする「事業者変更」です。

事業者変更は他社フレッツ光回線を利用している場合に工事などの新規の手続きを行わずとも簡単に切り替えができスムーズにドコモ光へ変更できる手続きのことを言います。※もちろん逆にドコモ光から他社へ事業者変更することも可。

ヒカモバ

このドコモ光へ事業者変更を検討している方におすすめのキャンペーンや手続きの流れを解説していきます。

目次

事業者変更について理解する

光コラボのドコモ光への事業者変更

まず事業者変更というものは、NTTフレッツ光回線とプロバイダがセットになった光コラボ(光コラボレーション)サービスから他の光コラボサービスに工事不要で簡単に乗り換えができる手続きのことを言います。

そしてこの事業者変更であれば開通するための工事費がかからず、無料となるのが最大の利点でもあります。

ヒカモバ

もしも自分が現在契約しているサービスが【○○(プロバイダ名)光(ひかり)】という光コラボサービスであれば工事も不要で簡単にドコモ光へ事業者変更を行うことができるということになります。

光コラボ光コラボではない
○○光という名前で、NTTフレッツ光+プロバイダの支払いもすべてまとまっている光回線サービス。
(※例:ソフトバンク光、OCN光、Sonet光、ニフティ光、DTI光、ビッグローブ光、GMO光、楽天ひかり、ぷらら光、GameWith光、hi-ho ひかり with gamesなど)
NTTフレッツ光利用代金と別途プロバイダ契約を行い料金を別々に払っている。

ドコモ光へ事業者変更が可能

ドコモ光へ転用が可能

これを見ると光コラボと光コラボ以外はどちらもNTTフレッツ光回線をベースに利用している光回線なのですが、事業者変更になるのか、転用になるのかは言い方が違うだけで内容はほとんど一緒の扱いとなります。

ヒカモバ

事業者変更というのは2019年7月から開始された内容ですが、一度転用して他の光コラボに移ると別の光コラボなどに変更できなかった手続きがいつでも移動できるようになっています。

また【auひかり】【NURO光】【ケーブルテレビの光回線等】は光コラボ、またはNTTフレッツ光サービスとは異なるのでドコモ光への事業者変更はできず「解約」?「新規申込み」という流れになり、開通工事も必要になります。

ドコモ光に事業者変更を行うための流れ

ドコモ光へ事業者変更する流れは「事業変更承諾番号」を取得し乗り換え先に伝える
STEP
契約中の光コラボ業者へ連絡し【事業者変更承諾番号】を発行してもらう

契約中で該当のあるプロバイダ名の問い合わせ先へ連絡し「○○へ事業者変更するので承諾番号を発行してください」と伝えればOKです。

事業者変更承諾番号は全11桁の英数字

事業者変更承諾番号はアルファベットを含む11桁の数字となります。

事業者変更のための問い合わせ先
STEP
事業者変更承諾番号の有効期限は15日

契約中の光コラボレーションの問い合わせ先で発行してもらった「事業者変更承諾番号」の有効期限は15日間となるのでその間に変更先(ドコモ光)への申込みを行います。

※例でいえば、auからソフトバンクへMNP(ナンバーポータビリティ)を行うのと同じです。

もしも発行から15日間を過ぎてしまうと事業者変更承諾番号は無効となり、再度手続きし直す必要があります。

STEP
ドコモ光へ申込みを行う

ドコモ光の申し込みや店舗より特典が多いWEB申込みがおすすめ。

ドコモ光へ申込みを行い契約中の光コラボレーションプロバイダにて発行した「事業者変更承諾番号」を伝えてください。

ヒカモバ

ここまでの手続きが完了できれば、あとはドコモ光の受付センターのスタッフが案内してくれ、現在の光回線サービスからドコモ光への事業者変更の手続きが進む流れとなります。

ドコモ光への事業者変更におすすめのキャンペーン

ここでドコモ光の事業者変更においておすすめのドコモ光の窓口を以下で紹介していきます。

① ドコモ光×OCN インターネット

IPv6、IPoEに対応した光回線
月額料金4,400円〜
工事費無料
事務手数料3,300円
スマホセット割ドコモ
キャンペーン最大55,000円キャッシュバック
オプションWiFiルーター無料レンタルor特別価格

20社以上あるドコモ光の中で唯一ドコモ直属のプロバイダとなる「OCN インターネット」はオプション不要ながらも最大55,000円の現金還元、Wi-Fi 6ルーター特典、無料訪問設定など多くのサポートで安心感がNo.1

OCN インターネット経由のドコモ光キャンペーン
  • 最大55,000円(オプション不要で10ギガプラン申込時のキャシュバック)
  • IPv6対応WiFi、1ギガは無料、10ギガは25,000円分割引
  • 無料訪問サポート
  • 1年無料のセキュリティ

\安心のドコモ直営プロバイダ/

② GMOとくとくBB×ドコモ光

月額料金4,400円〜
工事費無料
事務手数料3,300円
スマホセット割ドコモ
キャンペーン最大10万円キャッシュバック
オプションWiFiルーター無料レンタル

GMOクリック証券などで有名な上場企業となるGMOインターネットが運営するGMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダとしても申込みが可能になっています。

GMOとくとくBB経由のドコモ光キャンペーン
  • 最大100,000円(他社解約金還元+オプション加入+10ギガプラン申込時を含むキャシュバック)
  • IPv6対応WiFiルーターが無料でレンタルできる
  • 1年無料のセキュリティ

\オプション加入で特典が高額/

③ ドコモ光公式

月額料金4,400円〜
工事費無料
事務手数料3,300円
スマホセット割ドコモ
キャンペーンドコモdポイント20000pt付与
オプションdカードGOLD支払いで毎月10%ポイント還元

NTTドコモ公式で実施しているキャンペーンはオプションサービス等が不要でドコモのdポイント20000ptをプレゼントしています。また好きなプロバイダを選択することができ、dカードGOLDでドコモ光料金の支払いを行うと毎月10%の高還元が受けれます。

ドコモ光公式キャンペーン
  • ドコモ公式限定で1ギガの申込みでも20000ptが付与される
  • 好きなプロバイダを選ぶことができる

\安心のドコモ公式/

④ NNコミュニケーションズ

月額料金4,400円〜
工事費無料
事務手数料3,300円
スマホセット割ドコモ
キャンペーン最大40,000円キャッシュバック
オプションドコモ公式dポイント2000〜17000pt

NNコミュニケーションズはインターネット関連事業をメインとした実績のある代理店で、好きなプロバイダを選択し、なおかつ最短で1ヶ月後に受け取れる高額キャッシュバックを実施しています。

NNコミュニケーションズ経由のドコモ光キャンペーン
  • 最大40,000円が課金開始日の翌月末に振込(1ギガ25,000円/10ギガ40,000円)
  • 好きなプロバイダを選ぶことができる

\オプション不要で最短翌月末キャッシュバック/

ドコモ光のセット割りが可能なら事業者変更は必須

ドコモ光はドコモのスマホとのセット割で最大1,100円の割引が適用できます。

この記事を見ている方は「ドコモのスマホユーザー」が大半だと思いますので、ドコモ光へ事業者変更を行うことで毎月のドコモ光セット割り(ペア回線)が適用されます。

同一契約者名でないとペア回線が利用できない

ただしこのセット割を適用するために注意しなければいけないのは、現在のドコモスマホの契約者名とドコモ光の契約者名が同一であるのが前提です。

もしも今契約している光回線の名義が家族名義などで異なっている場合はドコモ光で名義変更を手数料2,200円で変更することも可能です。家族名へ変更もしくは第三者へ変更したい場合は直接ドコモへ問い合わせしてみましょう。

ドコモ光とドコモでトータルで安くするならirumoがおすすめ

もしもドコモ利用者で月々のプラン月額が実際に消費しているパケットデータに見合っていないと感じている方はいるのではないでしょうか。

ドコモの新プランとなる「irumo」の3GB/6GB/9GBのプランであればドコモ光へ事業者変更、転用を行えば毎月1,100円の永年割引が適用されトータルで通信費のコストを抑えることができます。

プランを「irumo」にするとさらに得する

例えばドコモの新料金プラン「irumo(イルモ)」の低料金プラン(0.5GB以外)であってもドコモ光とのセット割で毎月1,100円の割引が適用されるので、このプランと組み合わせると毎月3GBで880円の格安料金でドコモスマホを使うこができます。▶irumoのプランをチェックしてみる。▶irumoの詳細記事はこちら

事業者変更時の工事費は無料?

通常であればドコモ光の新規申込み時には工事費が発生し、一括もしくは分割で支払いを行う必要があります。

ドコモ光「新規申込み」の通常の工事費
  • 戸建て・マンション:22,000

ただし、今回の事業者変更と転用の場合は無料なります。2024年現在は転用と事業者変更の対象とならない新規申込者も工事費は無料のキャンペーンを実施しています。

ドコモ光「事業者変更」と「転用」の場合
  • 無料

ですので申込み時における「初期費用」は契約事務手数料(3,300円 税込)となるので事業者変更による乗り換えの負担は少ないです。

ヒカモバ

もともとのNTT回線自体は入れ替えることが無いですし、あくまでもプロバイダだけが変わる手続きになるので工事も工事費も発生しないということです。

ただし乗り換える前の回線が古い機材だった場合や乗り換え過程において、工事員の派遣が必要になったり作業が必要になる場合はその作業費が発生します。

ひかり電話も事業者変更により乗り換えOK

事業者変更について

参考:事業者変更のお手続き(NTT東日本)

光コラボレーションで利用してるひかり電話も今回の事業者変更ではもともと取得していた電話番号をそのまま簡単に引き継ぐことができるようになっています。

ヒカモバ

一時期は転用での乗り換えの場合は電話番号を引き継げないケースがありましたし、電話加入権付きの電話番号をアナログ電話へ戻す必要があり手続きが非常に面倒でしたのでこの手続のおかげでかなり簡単になっています。

【注意】現在の契約の解約金をしっかり確認する

1点だけ注意すべき点があり、もしもドコモ光へ事業者変更手続きをする際には現契約の光サービスの解約金が発生するかを確認しておきましょう。

光コラボレーションの業者によりますが、2年、3年契約の期間によりますが解約金が1〜3万円ほどかかるケースもあります。

ヒカモバ

解約金については「事業者変更承諾番号」の発行を依頼する際に必ず確認しておきましょう。

事業者変更を行う場合の転出の手続き

もちろん現在ドコモ光を使っていて、auスマホユーザーになった場合などであれば今度はauスマホとのセット割ができるビッグローブ光(光コラボ)などに乗り換えることもできます。

ドコモ光から事業者変更を行い他の光コラボサービスへ乗り換える場合でも同様に「事業者変更承諾番号」を発行すれば乗り換えることは可能です。

ドコモ光から事業者変更で転出する場合は「ドコモショップ」への来店、もしくは「電話での申込み」が可能です。

ドコモ光から転出するための事業者変更事務手数料:3,300円(税込)

またドコモ光から他社へ事業者変更を行う際も同じく契約年数による解約金がかかるかどうかの確認を行っておきましょう。

【まとめ】ドコモ光への事業者変更は気軽に行える

もしも現在ドコモのスマホを利用していて他社光回線や他の光コラボの契約を行っているなら、毎月の割引が適用されずもったいないです。

事業者変更という手続きであればすんなりとドコモ光へ乗り換えることができるので、ぜひ前向きに検討してみるのをおすすめします。

例)ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える手順

またNURO光やauひかりなどの事業者変更ができない光回線サービスを利用している場合は、現在の契約の解約をする期間を決めてからドコモ光へ新規申込みをする流れになります。

ドコモ光では新規申し込みであっても工事費が無料になるキャンペーンなどを定期的に実施しているので光回線を切り替えたいと考えている方は以下も参考にしてみてください。

相談受け付けています。

ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次