MENU
相談受け付けています。
ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

パケット50ギガで料金が安いWiFi、50GB足りない人向けのプランまとめ。

パケット50GB(ギガ)でコスパ抜群の料金、50GB足りない人向けのプランもまとめ。

スマホでのパケットデータは足りてますか?もしくは大容量パケットデータの契約はしているけど料金が高くてコスパが悪いと感じていませんか?

毎月50ギガのパケットデータを使うそこそこのヘビーネットユーザーなら毎月の料金を圧倒的に安くする方法があります。

ヒカモバ

今回は数多くのWiFiサービスを利用してきたネット回線のプロが50ギガのパケットデータをコスパ良く利用できるおすすめできるサービスを業者を厳選しています。

目次

50ギガのパケットデータを使えるWiFiプランを比較

50ギガのパケットデータプランをスマホプランで利用するとしたら平均して5000円以上の出費になりますが、ポケットWiFiサービスプランであればその半額近くの費用で利用することができます。

また最近ではau、ソフトバンク、ドコモではスマホの無制限プランを出してはいるものの、auやソフトバンクに関してはテザリングは30GBまでの制限でスマホ単体でしか使うことが想定されておらず、パソコンやタブレット、ゲーム機などスマホ以外での大容量プランには大手は不向きです。※ドコモにおいては新プランeximoのみテザリングでも無制限ですが料金が7,000円を超えるのでコストはなかなか高いです。

ヒカモバ

ではこういった50GBのパケットデータ量が使える大手プランとリーズナブルな料金設定で利用できる業者を比較していきます。

おすすめの50GBのWiFiプランを比較

モバイル通信業者月額料金
1,480円〜
(4ヶ月〜3,106円)
2,530円
3,540円〜3,840円
2,948円

毎月50ギガのパケットデータを使えてなおかつコストパフォーマンスに優れたWiFiプランはこの5社です。そのうち最も安くて2,000円台からあり、高くても4,000円以内に収まります。

ヒカモバ

ということでソフトバンクを比較対象として、それよりも確実に安くおすすめできるWiFiプラン5社それぞれの特徴を解説していきます。

①50ギガ1,480円〜とスタートダッシュが激安「ZEUS WiFi」

利用開始から3ヶ月が圧倒的に安いZEUS WiFi

一時期CMでも話題となっていた大幅な割引が非常に魅力的な「ZEUS WiFi」。50GBが最初の3ヶ月は1,480円と激安な料金で始めることができ、4ヶ月目以降でも3,106円とコスパが高いです。

その後の最長24ヶ月間もずーっと割引が行われるポケットWiFiサービスで50GBのパケットデータをお得に使うことができます。

ZEUS WiFiの50ギガプラン

月額料金1,480円
(4〜24ヶ月:3,106円
(25ヶ月〜:3,278円
通信エリアトリプルキャリア
(SoftBank/au/docomo)
※クラウドSIM
端末代金無料レンタル海外利用可能
くりこし機能クレカ以外の支払い
契約期間なし〜2年事務手数料3,300円
キャンペーン月額割引解約金〜24ヶ月以内:月額1ヶ月分
(2年契約の場合)

端末が無料でレンタルできるのもありがたいポイントで、毎月データ通信量にかかる費用以外に余計なコストが掛からない点も嬉しいポイントです。

ZEUS WiFiは最大で24ヶ月までの割引が適用される仕組みとなっており、最初の3ヶ月が1,480円、その後24ヶ月までは3,106円、25ヶ月以降は3,278円と徐々に料金が高くなりますが最低でも24ヶ月までは安く使えるプランです。

ヒカモバ

またクラウドSIMを採用しているので海外旅行などで国外に持ち出した場合でも別途費用がかかりますが、そのまま通信を行うことが可能です。

契約期間に縛られないフリープランがありますが、その場合だと月額料金が3,828円と多少高くなるので、最低でも2年は使い続ける方におすすめのプランです。

②50GBが最安値の「モンスターモバイル」

50ギガが最安で使えるモンスターモバイル

50ギガのパケットデータを長期間使う方であればここで紹介しているプランでは最安値となる2,530円と圧倒的に安い「モンスターモバイル」はコスパの鬼です。

モンスターモバイルの50ギガプラン

月額料金2,530円
(2年契約)
3,190円
(縛りなし)
通信エリアトリプルキャリア
(SoftBank/au/docomo)
※クラウドSIM
端末代金無料レンタル海外利用可能
くりこし機能クレカ以外の支払い
契約期間なし〜2年事務手数料3,300円
キャンペーン①初月月額半額
②セゾンカード作成で5,000円キャッシュバック
③14日お試し
解約金〜24ヶ月以内:1,980円
(2年契約の場合)

モンスターモバイルでは50GBプランは2年契約プラン(2,530円)と縛りなしプラン(3,190円)のどちらかを選択することができます。

2年契約の場合、24ヶ月以内の途中解約を行った場合は1,980円の解約金が発生します。※ただし高額な違約金ではないので2年近く利用する予定なら2年契約の方がお得です。

ヒカモバ

大手の50GBや60GBプランと比較してもコスパの良さは際立っており、約2〜3分の1の料金でたっぷりデータ通信が使えます。

③余ったデータを繰り越せる「IIJmio(アイアイジェイミオ)」

格安SIMではシェアNo.1となっている料金が圧倒的に安いIIJmioは2024年3月に新たに50ギガプランが導入されました。

またここで紹介している50ギガプランの中では唯一余ったデータを翌月にくりこすことができるので、使わなかった月もある場合は翌月に無駄なくパケットデータを消化することも可能です。

IIJmioの50ギガプラン

月額料金3,540円
(データeSIM)
3,840円
(データSIM)
通信エリアdocomo
(データSIM専用)
端末代金有料海外利用
くりこし機能クレカ以外の支払い
契約期間なし事務手数料3,300円
キャンペーン①WiFi端末大幅割引
②3ヶ月+5GB増量
解約金〜24ヶ月以内:1,980円
(2年契約の場合)

IIJmioではデータ専用SIMを選ぶことで50ギガでも3,000円台の料金で使うことができ、ポケットWiFiは有料ですが格安で販売も行われています。

WiFiルーターは持ち運べるポケットタイプが特別価格で格安で販売されています。また買い切りなので契約解除後に返却なども必要がないのも安心ポイント。

ヒカモバ

もちろんWiFiルーターが不要な場合はデータ専用SIMだけを契約してスマホで使うのも全然ありです。

④ずーっと料金が変わらないWiFi「Ex-WiFi」

Ex-WiFiはクラウドSIMを採用したZEUS WiFiやモンスターモバイルと同等のサービスですが、料金はずーっと変わらず3,000円以下で使い続けることができます。

Ex-WiFiの50ギガプラン

月額料金2,530円
(2年契約)
3,190円
(縛りなし)
通信エリアトリプルキャリア
(SoftBank/au/docomo)
※クラウドSIM
端末代金無料レンタル海外利用可能
くりこし機能クレカ以外の支払い
契約期間なし〜2年事務手数料3,300円
キャンペーンなし解約金〜24ヶ月以内:2,860円
(2年契約の場合)

日本だけではなく、海外に出張や旅行に行く場合は基本的には海外専用WiFiなどのレンタルサービスを利用することが多いかと思います。

このEx-WiFiは国内では50GBのパケットデータが2,948円で利用することができ、海外旅行時にはそのまま持ち出して1日単位で追加費用はかかりますが、海外でもWiFiルーターとして利用することができます。

ヒカモバ

ただし50GBのデータ量で高速通信を使いたいのであれば、やはりモンスターモバイルの方がお得です。

【おまけ】50GBで足りない不安な方は無制限の「WiMAX+5G」

UQコミュニケーションズが提供している「WiMAX」というサービスは月に使えるデータは無制限で使い放題なので、50ギガでは足りない不安な方にはおすすめのプランです。

BIGLOBEWiMAXの無制限プラン

月額料金3,773円
(〜24ヶ月)
通信エリアWiMAX+5G
au LTE/5G
端末代金有料海外利用可能
くりこし機能クレカ以外の支払い口座振替
契約期間なし事務手数料3,300円
キャンペーン18,600円キャッシュバック解約金なし

50ギガのパケットデータでは毎月足りないというほどヘビーに使っている方には、月間の上限なしで通信が行えて3,773円という非常に良心的な料金設定でおすすめです。

2024年5月最新クーポンコード18,600円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXのクーポンコード

ヒカモバではBIGLOBE WiMAXを申し込みする際に表示されるクーポンコードを紹介しています。クーポン配布専用ページへアクセスクーポンコードを入力することで18,600円のキャッシュバックが開始翌月に受け取れます。※期限は2024年6月3日23:50分まで

\限定クーポンコード専用ページは以下/

WiMAXで提供しているWiFi端末はホームルータータイプと持ち運びOKのモバイルタイプがあり、モバイルタイプの場合はコンパクトでな炭末ながら最大10〜16台のデバイスをネットに接続することができ、下りも最大2.7Gbpsに対応し非常に高速です。

ヒカモバ

auショップや家電量販店、ケータイショップでも申込みできますが、通常月額よりプロバイダWEB専用サイト経由なら1,000円ほど安く利用ができ更にコスパが良いです。

また直近3日のデータ制限などもなく、ほぼ無制限での利用が可能なので動画配信サービスやオンラインビデオなどの利用頻度が高い人にはどこでも使い放題で利用できるという点でも経済的でより多くの通信が可能なプランです。

WiMAXはスマホとのセット割りで更に安くなる

WiMAXはKDDIのグループ会社となり、auスマホユーザー、UQモバイルユーザーであればセットによる割引があります。

auのパケット定額などでサービスを利用している方やUQモバイルユーザーなら最大1,100円のスマホの料金が割引されます。

  • auユーザー:auスマートバリュー
  • UQモバイルユーザー:自宅セット割
WiMAXとのセット割り
au/UQモバイル毎月最大1,100円割引

もしもUQモバイルやauでスマホを契約して利用しているならこの割引やセットは行って損は無いでしょう。※WiMAX契約後に手続きが行なえます。

\得する限定クーポンコード取得ページ/

【参考】50ギガはどのくらい使える?

50GBは実際にどれくらい利用すれば到達する数値なのか今まで私が検証してきた様々なアプリの測定結果から算出してみます。

動画サービスが50GBに到達するまで

動画はYouTubeや動画配信サービスの海外ドラマなど、ハマってしまうと長時間視聴してしまいがちです。

そこでたっぷりとある50ギガのパケットデータに到達するまでの利用時間を計算しています。

アプリ画質設定50GB

YouTube
標準(360p)
高画質(720p)
最高画質(1080p)
150時間
40時間
25時間

TikTok
設定なし100時間

ティーバー
低画質
自動画質
100時間
50時間

AbemaTV
LIVE放送
ビデオ放送
325時間
150時間

Netflix
データ使用量「多」
自動

10時間
20時間

Amazonプライム


最高
125時間
50時間
25時間

Hulu
推奨
最高


50時間
25時間
30時間
50時間
75時間

DAZN
LIVE放送
※節約モード
ハイライト放送
※節約モード
15時間
150時間
12時間
50時間

ライブミー
HD画質
通常画質
80時間
150時間

イチナナ
設定なし125時間

ツイキャス
音声のみ
最低画質
低画質
標準画質
ソース画質
100時間
2750時間
1350時間
350時間
150時間

ふわっち
低品質
中品質
自動
高品質
最高品質
800時間
500時間
150時間
150時間
40時間

特に視聴が多いYouTubeや若者に人気のティックトックなどはだらだらと視聴してしまう可能性が高く、ヘビーに使っているユーザーでは50GBでも足りなくなる可能性が高いです。

ヒカモバ

これを消費するデータ量を常にしながら節約しつつ使うのも納得いかないという方は今回紹介した無制限や上限なしのポケットWiFiサービスがおすすめできます。

SNSサービスが50GBに到達するまで

ついつい時間があれば見てしまうSNSサービスが50GBに到達するまでの時間も計算してみました。

アプリ利用内容50GBまでの目安

Instagram
写真閲覧
動画閲覧
ストーリー
インスタライブ
75時間
125時間
125時間
150時間

LINE
音声通話
ビデオ通話
1000時間
100時間

X(旧Twitter)
タイムライン閲覧
動画・外部コンテンツ
セーフモード機能利用
200時間
175時間
1000時間

Facebook
タイムライン閲覧175時間

動画よりは消費量は少ないですが、SNSの中でも特に高画質な写真を次々と閲覧していくInstagramは消費量が激しい印象です。

ましてやInstagramを閲覧するだけでなくどんどんど投稿している場合はそのアップロードにおいても通信量が発生するので要注意です。

ゲームアプリが50GBに到達するまで

最近ではスマホのゲームアプリで日本中だけではなく世界中の方と競い合ってプレイするゲームが多いです。

その通信においてもパケットデータを消費するため50GBまでの目安を計算しています。

アプリ50GBまでの目安

モンスターハンターナウ
550時間

ドラクエウォーク
1000時間

PUBGモバイル
800時間

荒野行動
1650時間

Identity5
1150時間

フォートナイト
1150時間

動画やSNSに比べて実際もゲームプレイ時のオンライン通信はパケットの消費量は少ないです。

ただしゲームアプリにはアップデートの頻度が多くアップデート時は大きくデータを消費します。

もしもこのアップデートをWiFiに接続できない状態で実施した場合はデータサイズと同じ通信データを消費します。

ヒカモバ

高グラフィックのゲームアプリなら一回のダウンロードで500MBや1GBを余裕で超える場合もあります。

スマホのアプリ全体で以外にも消費はする

スマホにもしも多くのアプリをインストールしているならアプリのアップデートの頻度も多いでしょうし、スマホ本体のアップデートも含めるとモバイル通信以外でもたくさんデータは消費していることになります。

自宅に光回線などのWiFiサービスを契約していない方はアップデートをしないか、モバイル通信で行っていて50GBで足りないというのも理解できます。

ヒカモバ

そこでもしも50GBやそれ以上のパケットデータの通信を行うならそれなりに賢く安くネットサービスを使ったほうが得ですし、わざわざ通信データの節約をする必要なんてないはずです。

持ち運びができるWiFiはメリットが多い

また今回紹介しているWiFiサービスなら自分のスマホやその他の通信データが必要は端末のアップデートやネット利用だけではなく、家族や外出先の友人にもネット通信を分け合って利用できるのが最大のメリットです。

今では日本国内では災害も多いですし、万が一の通信障害にも備えて自分でどこでも持ち運べバッテリーで駆動するWiFiサービスはたとえ50GBでも無制限でもコスパに優れているのは間違いありません。

相談受け付けています。

ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次