MENU
相談受け付けています。
ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

WiMAXを口座振替できるおすすめ業者。手数料や審査の注意点もまとめ。

WiMAXを口座振替できるおすすめ業者。手数料や審査の注意点もまとめ。

モバイルルーターのサービスを提供している業者は決まってクレジットカード決済にしか対応していないパターンが多く、当然ながらWIMAXも実際にクレジットカード決済がほとんどです。

クレジットカードでの支払いはモバイル回線を提供する側からすると迅速に入金が行われ都合が良い反面、現金管理をしっかりしたいためクレカよりも銀行口座の方が都合が良い利用者側の希望もあるので相容れない悩ましい問題ですよね。

ヒカモバ

ここでは2024年現在で口座振替で支払いができるWiMAXのプロバイダとプラン、キャンペーン、特典内容についてしっかりとまとめました。

この記事は2024年7月12日に更新しました。

目次

WIMAXの口座振替に対応したおすすめプロバイダ5社

WiMAXを取り扱っているプロバイダは30社以上にも及びますが、ほとんどがクレジットカード決済のみである中、口座振替に対応したプロバイダは5社あります。

WiMAXを口座振替で利用できるプロバイダ

特徴おすすめ度
月額料金が安く、契約期間なし、高額キャッシュバックが即日受け取れ、口座振替支払いができるWiMAXの中ではもっとも安く利用できるプロバイダです。

▶詳細をチェック
WiMAXの本家UQ WiMAXは全国に店舗も多数あり有人サポートも可能、またSIMのみの契約もできるのでWiMAX対応機種を別経由で入手した方には端末代金もかからコストを抑えて使えるプロバイダです。

▶詳細をチェック
シンプルに月額料金がずーっと安く使えるプロバイダで一定の期間を過ぎても支払いコストが変わらず計画が立てやすい。端末代金が0円(中古)となる完全フリープランも提供中。

▶詳細をチェック
UQコミュニケーションズと同じKDDIグループのauでもWiMAXを取り扱い中です。WEB申し込みは行っておらずauショップの店舗のみで受付中です。
月額料金の安さに特化したプロバイダですが、初期費用がかかるのと端末代金が多少高めに設定されているので口座振替での利用は正直あまりおすすめできません。

▶詳細をチェック

WiMAXで支払い方法が口座振替に対応していのは「ビッグローブ」「UQ WiMAX」「どんなときもWiFi」「Broad WiMAX」「au」の5つのプロバイダです。

前述でWiMAXプロバイダは30社以上あると伝えましたが、支払い方法で分けてみると以下のようになります。

クレジットカード
口座振替OK
クレジットカードのみ
BIGLOBE
UQWIMAX
BloadWIMAX
どんなときもWiFi
・au
・とくとくBB
・ZEUS WiMAX
・So-net
・DTI
・DIS mobile WiMAX
・J:COM
・カシモWIMAX
・VISION WiMAX
・エクスゲートWiMAX
・hi-ho WiMAX
・泉佐野 WiMAX
・旭化成ホームズ
・Baycom WiMAX
・e Wi-Fi
・エックスWiMAX
・ヒカルWiFi
・SUPER Wi-Fi
・らくらく Wi-Fi
・ニフティ
・ASAHIネット
・エディオン
・ケーズデンキ
・PCデポ
・BIC WIMAX
(ビックカメラ)
・ワイヤレスゲートWIMAX
(ヨドバシカメラ)
・YAMADA Air MobileWIMAX
(ヤマダ電機)
WiMAX提供プロバイダ一覧はUQ公式を参照しています。

WEB申し込み専用や量販店やケータイショップなどの実店舗での窓口も含め全て確認してみるとWIMAXを口座振替で契約できるのは「BIGLOBE」「どんなときもWiFi」「UQWIMAX」「Bloard WIMAX「au」のわずか5社のみで、本当に今ではクレジットカード決済がメインになっている窓口が多いことがわかります。

ヒカモバ

ではこの5社のプロバイダに焦点を合わせ、料金やキャンペーン、申し込みにおける条件などを含め徹底比較していきます。

口座振替に対応したWiMAXを2年利用した場合の実質費用と最安値

ここでは5社のWiMAXを口座振替で2年間利用した場合、特典や月額料金のトータル支払いを実質費用として計算し、最終的に実際の実質月額費用でどこが一番最安でお得なのかを算出しています。

WiMAXを2年間利用した場合の実質総額と月額実質の比較

スクロールできます
実質計算式
(①月額+口座振替手数料×月数総額)+(②端末代金/初期費用)(③事務手数料)=(④支払い総額)-(⑤キャッシュバック等の特典)+(⑥解約金)=(実質支払い総額)
月額実質実質支払い総額月額×月数総額端末代金事務手数料総支払額⑤キャシュバック等の特典⑥解約金
BIGLOBE WiMAX\最安値/
4,174円
\最安値/
100,194円
80,674円
初月:0円×1
1〜24ヶ月:3,278円×23

口座振替手数料:220円×24
27,720円3,300円111,694円11,500円
(翌々月受け取り)
無料
UQWIMAX5,268円126,434円115,214円
初月〜13ヶ月:4268円×13
14ヶ月以降:4,950円×11

口座振替手数料:220円×24
7,920円
※おトク割で19,800円割引
3,300円126,434円なし無料
5,912円141,900円110,880円
4,400円×24
(4,840円+いつでも得するサポート440円-おトク割800円

口座振替手数料:220円×24
27,720円3,300円141,900円なし無料
(25ヶ月目の更新月)
6,395円153,480円97,757円
初月1,397円×1
1〜36月:3,960円×23

口座振替手数料:220円×24
31,680円

20,743円
(初期費用)
3,300円153,480円なし無料
6,351円152,431円121,411円
初月〜13ヶ月4,721円×13
14ヶ月以降:5,458円×11

口座振替手数料:無料
27,720円3,300円152,431円なし無料

上記の計算を元に2年利用した場合の総額を計算したところ、キャッシュバック特典や月額料金、端末代金等を含めてトータルで最安で使えるのはBIGLOBE WiMAXでした。

口座振替手数料どのプロバイダでも220円は発生してしまいますが、auだけが唯一無料となっています。しかしauは月額料金が高くトータルコストが高くなってしまっています。

口座振替で最も安くなる「BIGLOBE WIMAX」

月額が3,278円で無制限+キャッシュバック特典があるBIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAXの特徴
  • 支払い方法が口座振替に対応
  • キャッシュバックが受け取れる
  • 口座振替対応のWiMAXプロバイダでは最安値

BIGLOBE WIMAXは口座振替に対応したプロバイダの中では他社と比較してもトータルで最も安くり利用できるため最もおすすめです。

BIGLOBE WiMAXの料金スペック

月額料金プラン名:【ギガ放題プラスS】
初月:無料
1〜24ヶ月:3,278円
25ヶ月〜:4,928円
契約事務手数料3,300円
通信エリアWiMAXエリア
(無制限)
au 4G/5Gプラスエリア
※別途1,100円有料オプション
(月30GBまで)
※スマートバリュー/自宅セット割適用ならオプション費用は無料
月間通信データ量上限なし※無制限(WiMAXエリア)
(※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり)
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13
(コンセントにつなぐだけのホームルーター)

Speed Wi-Fi 5G X12
(外出先でも使える持ち運び可能なWiFi)
最大同時接続台数10〜42台
(端末によって異なる)
契約期間なし
途中解約金なし
セット割au/UQモバイルユーザーはスマホとのセットで
最大1,100円割引
通信速度WiFi接続時:最大4.2Gbps
(Wi-Fi6対応)
端末代金27,720円
(クレカ支払い24〜36回)
支払い方法クレジットカード
口座振替
キャンペーン特別クーポンコードで+11,500円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXは支払い方法の選択が可能な点やキャッシュバック特典があるだけではなく、他のWiMAXプロバイダと比較しても月額料金が安いのです。

BIGLOBE WiMAXは24ヶ月の月額料金が大幅に安く特典を含めると最も安い
ヒカモバ

他社では4〜5千円弱と平均の月額料金ですが、BIGLOBEでは24ヶ月は月額料金が大幅な割引が行われ、初月は無料、1〜24ヶ月までは3,278円(税込)と毎月のコストをかなり抑える事ができます。

2024年7月最新クーポンコード11,500円キャッシュバック+月額総額39,600円割引

BIGLOBE WiMAXのクーポンコードで11,500円のキャッシュバックが翌月に受け取れる

ヒカモバではBIGLOBE WiMAXを申し込みする際に表示されるクーポンコードを紹介しています。クーポン配布専用ページへアクセスクーポンコードを入力することで11,500円のキャッシュバックが開始翌月に受け取れます。※期限は2024年8月1日23:50分まで

\限定クーポンコード専用ページは以下/

注意点!!

口座振替支払いでBIGLOBE WiMAXを契約する場合、端末が届く際に「27,720(税込)(端末代金)+440円(代引き手数料)」の支払いが必要となるので注意してください。※クレジットカード決済の場合は端末は24回〜36回の分割支払いが可。

端末代金は代金引換が必要

コンセント差すだけのホームルータータイプ

ホームルーター版、Speed Wi-Fi HOME 5G L13

持ち運びOKのポケットWiFiタイプ

モバイルルーター版、Speed Wi-Fi 5G X12

一つだけ注意しなければならないのが他社WiMAXプロバイダでも同じですが、WiMAXの通信端末の代金27,720円(税込)が発生し、BIGLOBE WiMAXの場合は端末到着時に代金引換で支払いを行う必要があります。

  • クレジットカード払いの場合:1,155円×24回、もしくは770円×36回=27,720円
  • 口座振替払の場合:端末到着時に27,720円一括払い

ただしBIGLOBE WiMAXでは月額料金の割引の他にキャッシュバック特典も実施されており、このキャッシュバックが後ほど振り込まれることを想定すれば端末代金の負担も軽減されます。

BIGLOBE WiMAXの端末代金と特典による還元の実質負担額

販売中の端末【クレジットカード払いの場合】
1,155円×24回の分割払い(合計27,720円※税込)

【口座振替の場合】
27,720円一括払い+代引き手数料440円
キャッシュバック額11,500円(特別クーポン有り)
端末実質料金16,220〜16,660円
端末代金とキャッシュバックによる実質金額

BIGLOBE WiMAXのおすすめポイント

  1. 口座振替でWIMAXを使いたい人には総合的に一番安いプロバイダには間違いなし
  2. 端末代金は口座振替の場合は27,720円の一括負担が必要
  3. キャッシュバックの受け取り方も他社と比べてシンプルで受け取りやすい

\ 公式キャンペーンをチェック /

BIGLOBE WiMAXの口座振替の手続き手順

BIGLOBE WiMAXの口座振替での手続き手順は以下のようになります。

STEP
申し込み後に「支払い方法登録申込書」と「BIGLOBE会員証」が届く

WiMAX申込み手続き完了から書類到着までは1週間程度かかります。

STEP
「支払方法登録申込書」へ記入し返送を行う

届いたらなるべく早く返送しなければ審査とその後の端末到着が遅れるため、届いたらすぐに記入し返送を行います。

STEP
BIGLOBEで内容を確認後に金融機関で審査

返送した「支払方法登録申込書」が到着してから審査までは約1週間ほどかかります。

STEP
支払い方法確定後、BIGLOBEカスタマーサポートからメールで連絡

このメールとほぼ同じ期間にWiMAXの端末・SIMカードが発送になります。到着まで約最短2日〜1週間程度

STEP
データ端末とSIMが到着時に端末代金は「現金での代金引換」を行う

口座振替の場合はここで端末受け取り時に27,720円+440円代引き手数料の支払いを行います。

STEP
端末にSIMカードを差し込んで利用開始

BIGLOBE WiMAXの口座振替の手続きと完了までの期間は上記のステップの流れから大体2〜3週間程度の余裕を持っておいたほうが良いでしょう。

\ 限定クーポンページ /

ヒカモバ

もしも初期の端末代金の負担が大きいと感じる方で、無制限ほどの通信を行わず、WiMAXではなくても月間データが100GB以下の他のWiFiサービスでも良いのであれば、口座振替でも手数料が無料となる「ZEUS WiFi」もおすすめできます。

SIMのみの契約も可能な「UQ WIMAX」

WiMAX本家となるUQWiMAX
UQ WiMAXの特徴
  • 支払い方法が口座振替に対応
  • WiMAX本家となるためサポートが充実
  • SIMのみの契約も可能

UQWIMAXはBIGLOBEやSo-netなどの提携プロバイダではなくUQ WiMAXはWIMAXの本家本元のサービス事業者なので、WIMAXのサポートや知識については一番理解度があります。

またすでにWiMAX+5Gに対応した端末を所有している場合、もしくは中古品で購入を検討している方であればSIMのみの契約ができるのもUQ WiMAXならでは。※キャッシュバック特典は適用外となります。

UQ WiMAXの料金スペック

月額料金【ギガ放題プラスS】
4,268円

【ギガ放題プラスS Netflixパック】
5,654円〜
契約事務手数料3,300円
通信エリアWiMAXエリア
(データ上限なし)
au 4G/5G (プラスエリア)
※別途1,100円有料オプション
(月30GBまで)
月間通信データ量上限なし※無制限(WiMAXエリア)
(※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり)
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13(NEW
(コンセントにつなぐだけのホームルーター)

Speed Wi-Fi 5G X12(NEW
(外出先でも使える持ち運び可能なWiFi)
 最大同時接続台数10〜42台
(端末によって異なる)
 契約期間なし
 途中解約金なし
 セット割auスマホとのセットで
最大1,100円割引
UQモバイルとのセットで
最大1,100円割引
 通信速度WiFi接続時:最大4.2Gbps
(Wi-Fi6対応)
 端末代金7,920円
UQ WiMAXおトク割
支払い方法クレジットカード
口座振替
キャンペーンUQ WiMAXおトク割で19,800円割引

UQ WiMAXではキャッシュバックの特典はありませんが、UQ WiMAXおトク割デビューによって通常27,720円かかる端末代金から20,988円の割引が適用されます。

UQWiMAXは端末を割引で7920円で購入できる

それによって端末代金は6,732円で購入することができるので他社プロバイダと比較しても最も安く端末を入手することができます。

端末代金と特典による総合金額

端末代金キャッシュバック実質負担合計
BIGLOBE27,720円10,000円17,720円
UQWiMAX7,920円
UQ WiMAXおトク割で19,800円割引)
なし7,920円

比較すると実際に端末を安く入手できるのはUQWiMAXですが、月額料金やキャッシュバック特典を含めてBIGLOBE WiMAXが総合的に大幅な割引になっています。

ヒカモバ

ただし月額料金やキャッシュバック特典を含めると総合的にはBIGLOBE WiMAXが大幅な割引になっているので、どれくらいの期間で利用するかで把握するのが良いかもしれません。

UQWiMAXの特徴とおすすめポイント

  1. WIMAXサービスのサポート体制が整っている
  2. WiMAXのSIMのみの契約ができる
  3. WiMAX端末が大幅割引で購入できる

\ 公式キャンペーンをチェック /

SIMのみの契約は端末とSIMのバージョンに注意

現在提供中のSIMバージョンと対応端末

提供中のWiMAXのSIMバージョンWiMAX+5G対応端末
nanoSIM ver5
(WiMAX+5G専用)
5G SA対応
Speed Wi-Fi 5G X12
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
(※2023年6月発売の新型)
nano SIM ver4
(WiMAX+5G専用)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
Speed Wi-Fi 5G X11

SIMのみの契約をする場合はどの型番の端末を所有している方によって「SIMバージョン2種類」と対応端末を照らし合わせて間違いない選択をするようにしましょう。

ヒカモバ

上記以外の旧型(WiMAX2+対応)機種は使えませんので注意してください。WiMAX+5Gに対応した端末の用意がなければBIGLOBE WiMAXなら特典含め実質9,120円で新品で手に入りますが、メルカリなどの中古市場だと平均して7000円前後で販売されています。

UQ WiFiの口座振替の手続き手順

STEP
支払い方法にて「口座振替」を選択し「Web申込み」を選択

預金口座振替依頼書を使い郵送での手続きを行うこともできますが、郵送の場合は1〜2ヶ月かかってしまいます。もしも早めにWiMAXを開始したい場合はWEB(my UQ WiMAX)から申込みを行ってください。

STEP
画面に沿って申込み情報を入力
STEP
金融機関の審査が完了後に本申込が完了
STEP
端末とSIMカードが到着したら利用開始
ヒカモバ

口座振替の手続きは郵送よりWEB手続きの方が圧倒的に早いのですが、具体的な期間が記載されていないので1〜2週間はかかると考えておいたほうが良いでしょう。

\ 公式キャンペーンをチェック /

口座振替は初期費用が追加されてしまう「Broad WIMAX」

Broad WiMAX
Broad WiMAXの特徴
  • 月額料金が大幅に安い
  • 口座振替の場合は初期費用がかかる

BroadWIMAX(ブロードワイマックス)はリンクライフという主にインターネット事業に特化した運営会社が行っているWIMAXのプロバイダサービスです。

Broad WiMAXの料金スペック

初期費用事務手数料 3,300円(税込)
初期費用 20,743円
※クレジット決済は無料
月額料金【ギガ放題バリュープラン】※WiMAX+5G
(2年契約)

利用開始〜1ヶ月:1,397円
2ヶ月〜:3,773円

【ギガ放題フリープラン】※WiMAX+5G
(契約期間なし)

利用開始〜1ヶ月:1,397円
2ヶ月〜:3,960円
契約期間なし〜2年
端末代金31,680円
(分割払いも可)
支払い方法クレジットカード・口座振替
特典なし
取り扱い端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13/Speed Wi-Fi 5G X12
途中解約金【ギガ放題バリュープラン】
〜24ヶ月:4,818円
25ヶ月〜:無料

【ギガ放題フリープラン】
無料
※料金はすべて税込み表記です

Broad WiMAXは2年契約もしくは契約縛りなしの2つのプランから選択が可能ですが、どちらを選択しても端末代金の31,680円はかかってきます。

注意:口座振替時は初期費用20,743円がかかる

Broad WiMAXは口座振替に対応したプロバイダではあるものの、端末代金とは別に20,743円という初期費用が発生してしまいます。

ヒカモバ

ちなみにこの初期費用はクレジットカード決済時には無料となるので、口座振替決済自体のシステムはあるものの意地でも口座振替手続きはさせないという意思を感じます。

もしもこのBroad WIMAXを口座振替で契約した月々の料金とは別に以下の費用がかかります。

  • 初期費用 20,743円
  • 契約事務手数料 3,300円
  • 端末代金 31,680円
  • 決済手数料 330円

WEBサイトの月額料金の「業界最安値級」という魅力だけに囚われず支払い方法によっては損してしまう可能性が大きいのでしっかりと要点をチェックするようにしましょう。

クレジットカード決済が可能であればこのBroad WiMAXが有力候補となりますが、口座振替なら他のプロバイダがおすすめです。

\ 公式キャンペーンをチェック /

WiMAXの口座振替対応で端末無料も選べる「どんなときもWiFi」

どんなときもWiFiは7GB/20GB/40GBのポケットWiFiプランも提供していますが、WiMAX+5Gのサービスも提供しており、

  • 「端末代金がかかるかわりに月額料金が安い2年契約プラン」
  • 「端末代金が無料となり契約期間なしのプラン」

の2種類から選択することができます。

どんなときもWiFi WiMAXプランの特徴
  • 支払い方法が口座振替に対応
  • 端末無料レンタルの契約なしプランも選べる

どんなときもWiFiの料金スペック

月額料金【WiMAX5G MAXプラン】
4,840円
おトク割適用時:4,400円
(いつでも得するサポート+440円、おトク割-880円)

【WiMAX5G FREEプラン】
6,160円
おトク割適用時:5,720円
(いつでも得するサポート+440円、おトク割-880円)
契約事務手数料3,300円
通信エリアWiMAXエリア
(データ上限なし)
au 4G/5G (プラスエリア)
※別途1,100円有料オプション
(月30GBまで)
月間通信データ量上限なし※無制限(WiMAXエリア)
(※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり)
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13
(コンセントにつなぐだけのホームルーター)

Speed Wi-Fi 5G X12
(外出先でも使える持ち運び可能なWiFi)
 最大同時接続台数10〜42台
(端末によって異なる)
 契約期間なし
 途中解約金【WiMAX5G MAXプラン】
24ヶ月以内の場合:4,840円

【WiMAX5G FREEプラン】
なし
 セット割auスマホとのセットで
最大1,100円割引
UQモバイルとのセットで
最大1,100円割引
 通信速度WiFi接続時:最大4.2Gbps
(Wi-Fi6対応)
 端末代金27,720円
(一括もしくは36回分割可能)
支払い方法クレジットカード
口座振替
キャンペーンおトク割適用でずっと割引

どうしても無制限のWiMAXを使いたいけど、端末代金は購入する必要がなく無料レンタルが行いたい場合はどんなときもWiFiでは「WiMAX5G FREEプラン」を選択することで端末は無料レンタルすることが可能で契約縛りもありません。

ヒカモバ

月額料金が安くなるWiMAX5G MAXプランを選ぶならどちらかというとBIGLOBE WiMAXの方がトータルで安くなるので、端末代金の支払いをどうしても回避したい場合はこのどんなときもWiFiが最もおすすめできます。

どんなときもWiFiのおすすめポイント

  1. 端末代金を無料化したい人にはレンタルプランがある
  2. 口座振替手続きの完了までの期間が早くスムーズ

どんなときもWiFiの口座振替の手続き手順

BIGLOBE WiMAXの口座振替での手続き手順は以下のようになります。

STEP
受付完了後「口座登録用・本人確認書類用」のメールが届く
端末の手配

メール本文に記載されている口座登録サイトのURLと本人確認書類登録用のURLの2つを確認する。

※申込み時にすでに口座情報登録・本人確認書類のアップロードを完了させている場合は受付自体は完了となります。

STEP
1〜2営業日でどんなときもWiFiと金融機関での審査

不備がない場合は申込み完了となります。

STEP
不備がなく申込み完了となれば発送手続き
STEP
端末とSIMカードが到着したら利用開始
ヒカモバ

口座振替の手続きと手順、そして利用開始までの期間についてはBIGLOBE WiMAXと比べると非常にスムーズなので急いでいる方はどんなときもWiFiがおすすめです。

WiMAXプロバイダの口座振替における手数料を比較

口座振替の支払いについては所定の手数料が毎月かかり、この5社はどれも220円の手数料となります。

口座振替手数料月額料金手数料を含めた合計月額
BIGLOBE WiMAX220円初月:無料
1ヶ月〜:3,278円
0ヶ月:無料
1ヶ月〜:3,498円
UQ WiMAX1ヶ月〜:4,400円1ヶ月〜:4,620円
Broad WiMAX1ヶ月〜:4,268円1ヶ月〜4,488円
どんなときもWiFi1ヶ月:1,397円
2ヶ月〜:3,773円
1ヶ月:1,837円
2ヶ月〜:3,993円
au無料1ヶ月〜4,721円1ヶ月〜4,721円

本来クレジットカード決済であればこの220円の手数料はかからないでちょっとしたデメリットとなりますが、手数料を含めたトータル金額でもやはりBIGLOBE WiMAXが一番安い計算となります。

もしもWiMAXにこだわりがなければ口座振替でも手数料が無料のWiFiプランは存在します。

口座振替で契約する場合の注意点は??

WIMAXを口座振替で契約する場合の注意点があります。

クレジットカードでのWIMAX申し込みと比較すると若干手続きが多くなるのでポイントを抑えておきましょう。

口座振替の手続のおいて重要なポイント
  • プロバイダによっては書面でのやり取りが必要になる
  • 所定の銀行口座を持っているか?
  • 本人確認書類を用意する必要がある
  • 口座振替手数料がかかる

クレジットカード決済の方は早くて3日〜1週間程度、口座振替手続きの方は1週間〜2,3週間かかる場合があるのでそこだけが難点になります。

またプロバイダによっては郵送手続きでの口座振替登録とWEBでの口座振替登録の2通りの方法がありますが、郵送だと2倍以上の期間を要してしまうのでWEBでの手続きができればそちらを選ぶのをおすすめします。

ヒカモバ

もしもクレジットカードを使える方ならクレジットカードの支払いへ切り替えたほうが早いです。またクレジットカードを契約していない方で「クレジットカードを作成してもいいかな?」という方であればクレジットカードを作った方が良いかもしれません。

所定の銀行口座を持っているか?

ここは大きな問題にはならないと思いますが、通常の銀行口座を開設していればまず問題ありません。

大手銀行口座の種類

みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・セブン銀行・ソニー銀行・イオン銀行・新生銀行・ゆうちょ銀行・労働金庫連合会

これらや地方の銀行なども対応しています。

必要な本人確認書類の提出について

本人確認書類の提出

口座振替を行う場合は本人確認書類の提出が必ず必要になります。

WEB限定で行っているWIMAXのキャンペーンなどはクレジットカード決済の場合は必要ないケースが多いですが、口座振替の場合は必ず必須となります。

本人確認書類の提出方法は基本的には申込み後に送られて来る「支払い方法登録申し込み書」と一緒にコピーを返送することが大半です。

ただし最近ではWEB上でセキュリティ保護されたログインページを用意してそこへ撮影した本人確認書類をアップロードすることで手続きを短縮出来るケースも増えています。

本人確認書類で有効なものは?

本人確認書類で有効なものは以下のようになります。

有効な書類2次書類が必要
免許証
パスポート
住民基本台帳カード
マイナンバーカード
在留カード・特別永住者証明書
身体障害者手帳
その他官公庁から発行された書類で、顔写真を貼付けしたもの
学生証
年金手帳
住民票
健康保険証
印鑑登録証明書
戸籍謄本

写真付きの本人を証明できる書類以外は基本的にNGと考えていたほうが良いです。

特に未成年の方の場合はご家族の同意書なども必要となるので申し込み画面でしっかり確認が必要です。

口座振替手数料について

口座振替にする場合のデメリットとなるのですが、毎月の振替手数料が200円がかかります。

プロバイダ別口座振替手数料
BIGLOBE220円
UQWIMAX
Broad WIMAX
どんなときもWiFi
au無料

ただし、唯一UQWIMAXだけは口座振替手数料がかかりません。その代わり口座振替の設定が完了するまでの間に請求書払いとなりその手数料(220円)がかかります。

WIMAXの月額料金とは別にどうしても手数料としてかかる料金なのでこれを必ず承諾した上で申し込みを検討した方が良いと思います。

ヒカモバ

もしもクレジットカードへの支払いへ切り替えることができればクレジットカード決済に対応した安いプロバイダも多くありますので検討の余地はあります。

WiMAXの口座振替には審査がある

毎月定額で支払いを行うインターネット解約においては事業者側がどうしても「毎月支払いをしてくれるか?」という所定の審査を行う必要があります。

もしもクレジットカードを持っている場合はすでにその契約者の所定の審査は通過している状況での契約ができるので審査が行われることがありません。

ヒカモバ

住宅ローンや賃貸契約、スマホなどの携帯電話の割賦契約などと同じように信用機関などの照会を行ったりすることがあるのでやはり審査が必要ということになります。

口座振替手続きの流れ
BIGLOBE
(郵送での手続き)
支払い方法登録申込書へ記入、返送

金融機関で審査
(約1週間程度)

支払い方法確定後にカスタマーから電子メール

SIMカード・データ端末が2日〜1週間で到着
UQWiMAX
(WEB・郵送での手続き)
支払い方法で口座振替を選択

WEB申込/口座振替依頼書を選択

WEBを選択した場合は画面に従い、手続きをすすめる
Broad WiMAX
(メール・ファクス)
口座振替を選択

その後の流れはQAサイトには記載なし
どんなときもWiFi
(WEB・郵送での手続き)
「口座登録用・本人確認書類用」のメールから手続き

1〜2日営業日で審査完了

不備がなければ端末発送

流れでいうと最も早く口座振替の手続が完了できるのは口座振替の登録がWEBで行うことができるどんなときもWiFiとUQWiMAXです。そしてその次は書類の郵送でやり取りが必要となるBIGLOBE WiMAXです。

Broad WiMAXにおいては口座振替を選択してしまうと初期費用20,743円+事務手数料3,300円+決済手数料330円の初期費用がかかりWiMAXを始める前に多額の費用がかかるのでおすすめできません。

口座振替出来るWIMAX事業者のまとめ

支払い方法が選択できるWIMAXプロバイダは非常に少ないですが、この中で一番トータル的に見て一番おすすめ出来るのはBIGLOBE WiMAXです。

  1. 端末代金も込みで総合的に最安値で使うならBIGLOBE WiMAX
  2. SIMのみの契約や端末を安く入手したいならUQ WiMAX
  3. Broad WIAMXは初期費用がかかる
  4. 端末代金を無料でレンタルしたいならどんなときもWiFi

お得感を考えても消去法で考えてもどちらにしても総合的にはBIGLOBE WiMAXがおすすめ出来るのは間違いないですね。

その他のWiMAXに関する記事

相談受け付けています。

ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次