MENU
相談受け付けています。
ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

【2024年7月】WiMAXのキャッシュバックを比較。どれが最も得する?

【2024年7月】WiMAXのキャッシュバックを比較。どれが最も得する?

WiMAXを申し込みする際に様々なプロバイダで行っているキャッシュバック特典があります。

WiMAXのキャッシュバックは金額だけははっきり分かるものの、正直言いって受け取るための条件や最大の表記とその理由が複雑すぎてぱっと見でどのプロバイダを選ぶべきか分かりづらくないですか?

ヒカモバ

その理由としてはWiMAXは各プロバイダ同士で競争をしている現状で、キャッシュバックや割引など細かなところで差別化をしているせいで複雑になっているという現状です。

ここではそんなWiMAXのキャッシュバックキャンペーンにおいて、厳密にはどれくらいの総額支払いが必要でキャッシュバックでどれだけの負担が軽減され【結果的にどこが一番得する】のかを計算して最安で利用できる情報をまとめているので、WiMAXのプロバイダ選びで迷っている方は参考にして失敗しない業者を選んでください。

この記事は2024年7月12日に更新しました。

2
WiMAXの比較で最も知りたいことは?
目次

WiMAXプロバイダのキャッシュバック額と受け取り期間を比較

現在のWiMAXを取り扱っているプロバイダは多く存在します。ただしすべてのプロバイダがキャッシュバックキャンペーンを実施しているのではなく月額料金の割引やその他の特典を付与している場合もあります。

2024年6月現時点でキャッシュバック特典を実施しているWiMAXプロバイダを比較すると以下のようになります。

プロバイダキャッシュバック額受け取りまでの期間
ビッグローブ
ビッグローブ
11,500円利用開始翌月15日以降
とくとくBBGMOとくとくBB最大65,000円利用開始から12ヶ月目以降

現在WEB上で申し込みができるWiMAXのプロバイダで比較するとキャッシュバックを実施しているのは「BIGLOBE WiMAX」「GMOとくとくBB」の2社です。

素直に見るとキャシュバック額が一番高い「GMOとくとくBB」が最も得すると解釈するかもしれませんが、ある一定の条件を満たさなければ最大特典は受け取れません。

条件含めたキャッシュバック金額を比較

ビッグローブ
ビッグローブ
とくとくBBGMOとくとくBB
新規申込みの
キャッシュバック
11,500円23,000円
他社から乗り換え時の
解約金負担
最大40,000円
オプション申込時の
キャッシュバック
2,000円
合計特典11,50065,000

ここで重要となるのが「月額」「初期費用」「端末代金」による【トータル支払い総額】からキャッシュバック額を差し引いた【最終的な実質負担額】を算出して最終的にどこが得して利用できるかを判別することです。

【重要】キャッシュバックを含めた実質費用を計算

ここでは各種のWiMAXプロバイダのキャッシュバック額だけを見るのではなく「月額料金+端末代金+事務手数料+契約年数(最低利用期間)」決まる総額金額に対し、キャッシュバックを適用し差し引きした「実質負担額」をまとめました。

実質負担となる実質月額費用の計算方法

WiMAXの最安値は月額料金×利用月数+事務手数料+端末代金+支払い総額からキャッシュバックを差し引いて利用月数で割ると実質月額を算出できる
ヒカモバ

これによりそれぞれのWiMAXプロバイダがどれくらい継続して利用する必要があり、全て含めて「実質の月額料金」がどのような結果になるのかをチェックすることができます。

実質とは?

物事の本質や本体を指す言葉となり、ここで解説している実質金額は【利用者の出費や逆に得たもの(キャッシュバック等)を計算して最終的にかかる実態費用】のことを指します。

この計算を元に利用ユーザーの平均利用年数となる2〜3年において実質金額を算出してみました。例として端末割引を実施しているUQWiMAXを比較対象として含めています。

2年利用した場合のキャッシュバック含めた実質月額料金

スクロールできます
実質計算式
(①月額×月数総額)+(②端末代金)(③事務手数料)=(④支払い総額)-(⑤キャッシュバック)=(⑥実質総額)÷(月数)=(実質月額)
実質月額月額×月数総額端末代金事務手数料総支払額キャシュバック実質総額
3,954円
(⑥実質総額)÷24ヶ月
75,394円
初月:0円×1
1〜24ヶ月:3,278円×23
27,720円
(1,050円×24回)
3,300円106,414円11,500円94,914円
4,228円
(⑥実質総額)÷24ヶ月
111,936円
初月1,375円×1
1ヶ月以降:4,807円×23
9,240円
端末代金27,720円(770円×36回で月々割引の内、770円×24ヶ月分(18,480円)が免除
3,300円124,476円23,000円101,476円
5,048円
(⑥実質総額)÷24ヶ月
109,934円
初月〜13ヶ月:4268円×13
14ヶ月以降:4,950円×11
7,920円
※おトク割で19,800円割引
3,300円121,154円なし121,154円
計算はすべて税込みで行っています。

上記の計算式を元にキャッシュバックを含めて2年間利用した場合ではBIGLOBE WiMAXが最も安く利用できる計算となりました。

ヒカモバ

キャッシュバック金額だけじゃなく、こういった計算式で月額利用料も含めた最終的な負担金額のトータルが分かってくるかと思います。

3年利用した場合のキャッシュバック含めた実質月額料金

スクロールできます
実質計算式
(①月額×月数総額)+(②端末代金)(③事務手数料)=(④支払い総額)-(⑤キャッシュバック)=(⑥実質総額)÷(月数)=(実質月額)
実質月額月額×月数総額端末代金事務手数料総支払額キャシュバック実質総額
4,164円
(⑥実質総額)÷36ヶ月
169,620円
初月1,375円×1
1ヶ月以降:4,807円×35
0円
端末代金27,720円(770円×36回で月々割引の内、770円×36ヶ月分(27,720円)が免除
3,300円172,920円23,000円149,920円
4,233円
(⑥実質総額)÷36ヶ月
132,880円
初月:0円×1
1〜24ヶ月:3,278円×24
25ヶ月以降:4,928円×11
27,720円
(770円×36回)
3,300円163,900円11,500円152,400円
5,015円
(⑥実質総額)÷36ヶ月
169,334円
初月〜13ヶ月:4268円×13
14ヶ月以降:4,950円×23
7,920円
※おトク割で19,800円割引
3,300円180,554円なし180,554円

この計算式では3年継続して利用した場合には最終的にGMOとくとくBBがキャッシュバックを含めると最安値で利用することができる結果となりました。

GMOとくとくBBは他社解約違約金負担を最大40,000円まで還元

GMOとくとくBBの最大65,000円のキャッシュバックは他社からの乗り換え時に発生する違約金負担の最大金額とオプション加入時の特典をあわせた金額になります。

GMOとくとくBBは他社から乗り換え時に発生する解約金等を最大4万円まで負担

もしも他社からWiMAXへ乗り換えるタイミングで乗り換え元で解約金や端末代金の残債が残っている場合はGMOとくとくBBがはさらに最大40,000円まで違約金、解約金の負担をしてくれます。

ヒカモバ

よって、乗り換え元で20,000円を超える解約手続きの費用がかかる場合は最大キャッシュバックが20,000円のBIGLOBE WiMAXよりもGMOとくとくBBの方がトータルコストの軽減に繋がります。

解約金や乗り換え元の支払いが発生している方は、その金額がもしも20,000円を超えて、最大40,000円に収まる費用となる場合はGMOとくとくBB WiMAXを選ぶことでその負担を帳消しにすることができる事になります。

ということで素直に新規申し込みでこれからWiFiサービスを検討しているなら最安で利用できる「BIGLOBE WiMAX」、現在契約しているネットサービスを途中解約して解約金や端末残債の金額が2万円を超えるなら「GMOとくとくBB WiMAX」を選ぶのが良いです。

以下ではこの実質料金を実現するためにしっかりとキャッシュバックを受け取る必要があるので、その条件や注意点などがありますのでそれも合わせて解説していきます。

2年+即日キャッシュバックで最安値の「BIGLOBE WiMAX」

キャッシュバックは「11,500円」
※受け取り期間は利用開始の翌月15日以降

2年間トータルで実質費用が最安値

月額が3,278円で無制限+キャッシュバック特典があるBIGLOBE WiMAX
ヒカモバ

このBIGLOBE(ビッグローブ)のWiMAX経由ではWiMAX端末とセットでの申込みの場合に11,500円のキャッシュバックを行っており、他のプロバイダと比較しても最短で翌月受け取りが可能ということで、どの窓口よりも、最も取りこぼしの不安はなく安心して特典を受け取れるプロバイダです。

WiMAXのプロバイダ別のキャッシュバック受け取りまでの期間
BIGLOBE
最短翌月
UQ WiMAX
最短4か月目以降
GMOとくとくBB
最短13か月目以降
DTI WiMAX
最短13か月目以降

またBIGLOBE(ビッグローブ)はKDDIの子会社として長い間インターネットサービスを行っている老舗のプロバイダとなり、このWiMAXの大本となるUQコミュニケーションズとも同じ傘下のグループ会社となるので安心感は高いです。

\契約期間なし&24ヶ月割引/

BIGLOBE WiMAXは2年間の月額料金が大幅に割引で安い

BIGLOBE WiMAXは24ヶ月の月額料金が大幅に安く特典を含めると最も安い

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックがすぐ受け取れるだけではなく、月額料金も24ヶ月間は大幅な割引が行われ、1〜24ヶ月目は3,278円と非常に安いのが特徴的です。

BIGLOBE WiMAXの料金・詳細

月額料金プラン名:【ギガ放題プラスS】
初月:無料
1〜24ヶ月:3,278円
25ヶ月〜:4,928円
契約事務手数料3,300円
通信エリアWiMAXエリア
(無制限)
au 4G/5Gプラスエリア
※別途1,100円有料オプション
(月30GBまで)
※スマートバリュー/自宅セット割適用ならオプション費用は無料
月間通信データ量上限なし※無制限(WiMAXエリア)
(※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり)
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13
(コンセントにつなぐだけのホームルーター)

Speed Wi-Fi 5G X12
(外出先でも使える持ち運び可能なWiFi)
最大同時接続台数10〜42台
(端末によって異なる)
契約期間なし
途中解約金なし
セット割au/UQモバイルユーザーはスマホとのセットで
最大1,100円割引
通信速度WiFi接続時:最大4.2Gbps
(Wi-Fi6対応)
端末代金27,720円
(クレカ支払い24〜36回)
支払い方法クレジットカード
口座振替
キャンペーン特別クーポンコードで+11,500円キャッシュバック

本家UQが提供するUQ WiMAXでは月額料金は4,268〜4,950円ですが、BIGLOBEは3,773円となるので毎月約1,000円、年間で12,000円も安くなる計算です。

注意点としてWiMAX機種代金は27,720円(税込)をクレジットカードなら24〜36回分割払い、口座振替なら一括で支払う必要があります。

※端末代金は他のプロバイダもほぼ同様で合計で27,720円となります。

端末代金とキャッシュバックを組み合わせた場合の実質負担額

クレジットカード払いの場合口座振替の場合
販売中の端末27,720円(1,155円×24回の分割払い可能)


27,720円一括払い

代引き手数料440円
キャッシュバック額11,500円(特別クーポン有り)
端末実質料金16,220円16,660円
端末代金とキャッシュバックによる実質金額

2024年7月最新クーポンコード11,500円キャッシュバック+月額総額39,600円割引

BIGLOBE WiMAXのクーポンコードで11,500円のキャッシュバックが翌月に受け取れる

ヒカモバではBIGLOBE WiMAXを申し込みする際に表示されるクーポンコードを紹介しています。クーポン配布専用ページへアクセスクーポンコードを入力することで11,500円のキャッシュバックが開始翌月に受け取れます。※期限は2024年8月1日23:50分まで

\限定クーポンコード専用ページは以下/

ヒカモバ

契約期間の縛りがなく気軽に利用できるプランではありますが、端末代金は多少かかるもののクレジットカード決済であれば分割支払いもOKなので月初に大きな金額の支払い負担を抑えることも可能です。

契約期間はなく解約金の心配も不要

BIGLOBE WiMAXは契約期間がない

ビッグローブではWiMAXの契約は2年契約や3年契約で途中解約による高額な解約金も請求されることがないので安心して利用することができます。

万が一途中での解約であっても解約金は無料となっていますが、端末を購入した場合はその端末代金だけは発生しているので注意してください。

BIGLOBE
契約期間なし
初月〜12ヶ月の解約金無料
13ヶ月〜24ヶ月の解約金無料
25ヶ月目以降無料

初めてのWiMAXで短期でのスパンでの利用を想定している方にはBIGLOBEのほうが断然おすすめできるでしょう。

BIGLOBEWiMAXは口座振替も選択できる良心的なプロバイダ

BIGLOBE WiMAXは口座振替にも対応している

また多くのWiMAXプロバイダが支払い方法がクレジットカードしか無いのに対し、口座振替にも対応しています。

クレジットカードを使いたくない方や現金主義の方はBIGLOBE経由のWiMAXがおすすめできます。

ただし口座振替の場合は端末は分割での支払いには対応しておらず一括支払いが必要となるため注意が必要です。

口座振替ができるWiMAXに関しては下記でまとめています。

3年継続ならキャッシュバックで最安値「GMOとくとくBB WiMAX」

キャッシュバックは「23,000円」
※受け取り期間は開始から12ヶ月以降

12ヶ月以降に受け取れるキャッシュバックが高額

GMOとくとくBB WiMAXキャッシュバック

WiMAXの申し込み代理店窓口として有名な「GMOとくとくBB」。GMOはクリック証券などでも有名なGMOインターネットグループです。

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金

月額料金は端末発送月は1,375円、1ヶ月以降は4,807円は月額料金がずっと分からず使えますが、BIGLOBE WiMAXに比べると約24ヶ月の間は料金は高くなります。

ヒカモバ

キャッシュバックは23,000円が全員対象となり、さらに他社からの乗り換えであれば解約違約金補助として最大40,000円のキャッシュバック還元を受けることが出来ます。

もしも現在他社のインターネットサービス等を利用している場合で途中解約による乗り換えの場合は解約金明細書や端末代金残債の証明証等の写真を提出する必要があります。その金額に応じて還元される額が異なります。

またキャッシュバックの受け取り期間は契約してから最短でも12ヶ月目以降の受け取りとなるため、このタイミングを逃してしまうと受け取れないケースもあるため注意が必要です。

月額料金初月:1,375円の日割り
1ヶ月〜:4,807円
契約事務手数料3,300円
通信エリアWiMAXエリア
(データ上限なし)
au 4G/5G
※別途1,100円有料オプション
(月30GBまで)
月間通信データ量上限なし※無制限(WiMAXエリア)
(※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり)
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13
(コンセントにつなぐだけのホームルーター)

Speed Wi-Fi 5G X12
(外出先でも使える持ち運び可能なWiFi)
 最大同時接続台数10〜42台
(端末によって異なる)
 契約期間なし
 途中解約金なし
 セット割auスマホとのセットで
最大1,100円割引
UQモバイルとのセットで
最大1,100円割引
 通信速度WiFi接続時:最大2.7Gbps
(Wi-Fi6対応)
 端末代金27,720円
(770円×36回払い)
※3年間利用で実質無料
支払い方法クレジットカードのみ
キャンペーン新規23,000円キャッシュバック

他社乗り換え違約金等最大40,000円還元

とくとくBB経由のWiMAX申し込みは初期にかかる料金が契約事務手数料の3,300円と申込み日の日割り料金、そして分割支払いによる770円×36回の端末代金です。

WEB限定キャッシュバックページ

ヒカモバ

GMOとくとくBBは特に他社利用中で、その契約を解約して乗り換える際に発生する違約金・端末代金の残債の合計が3万円を超えるのであれば最大41,000円まで還元してくれるこの特典を使うのが最も賢い選択です。

WiMAX本家「UQ WiMAX」はおトク割で端末が格安

UQWiMAXはWiMAX端末がお得割で19,800円割引の7,920円

WiMAXの本家となるUQコミュニケーションズが提供するUQWiMAXはキャッシュバック特典は実施していないのですが、BIGLOBEやGMOとくとくBBで発生する27,720円の端末代金と比較して「おトク割」で7,920円で購入できるのが大きな特徴です。

ヒカモバ

キャッシュバック特典や月額料金の安さはBIGLOBE WiMAXやGMOとくとくBBには到底勝てないのですが、端末本体の大幅割引と本家のサポートの充実さ、UQの店舗が近くにあるという方には安心感という意味で選択するのが良いと思います。

月額料金【ギガ放題プラスS】
4,268円

【ギガ放題プラスS Netflixパック】
5,654円〜
契約事務手数料3,300円
通信エリアWiMAXエリア
(データ上限なし)
au 4G/5G (プラスエリア)
※別途1,100円有料オプション
(月30GBまで)
月間通信データ量上限なし※無制限(WiMAXエリア)
(※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があり)
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L13(NEW
(コンセントにつなぐだけのホームルーター)

Speed Wi-Fi 5G X12(NEW
(外出先でも使える持ち運び可能なWiFi)
 最大同時接続台数10〜42台
(端末によって異なる)
 契約期間なし
 途中解約金なし
 セット割auスマホとのセットで
最大1,100円割引
UQモバイルとのセットで
最大1,100円割引
 通信速度WiFi接続時:最大4.2Gbps
(Wi-Fi6対応)
 端末代金7,920円
UQ WiMAXおトク割
支払い方法クレジットカード
口座振替
キャンペーンUQ WiMAXおトク割で19,800円割引

UQ WiMAXの公式の「おトク割」キャッシュバック特典

端末代金27,720円
割引額19,800円
条件端末購入&新規プラン申込み
割引後の端末代金7,920

WiMAX本家となるUQWiMAXではBIGLOBEと同じく契約期間に縛られず利用できるため、短期利用での目的で途中解約しても解約金は発生しません。※ただし別途端末代金はかかるので注意してください。

ヒカモバ

端末は一括支払いか36回の分割支払のどちらかを選択することができ、初期の出費を抑えたい場合は金利手数料等はかからない分割支払いの方が負担が少ないです。

この情報は2024年7月9日時点の情報です。※最新の情報については必ず公式サイトご確認ください

WiMAXプロバイダ別のキャッシュバック受け取りまでの期間と流れ

プロバイダ受け取りまでの期間
ビッグローブ
ビッグローブ
利用開始翌月15日以降
とくとくBB
GMOとくとくBB
利用開始から13ヶ月目以降
UQWIMAX
UQ WiMAX
端末割引のため即日

ここではここで厳選しているWiMAXプロバイダ別のキャッシュバック受け取りまでの期間や、受け取りを行うまでの手続きの流れをまとめています。

プロバイダ別のキャッシュバック受け取り手順

①BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック受け取りまでの流れ

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック受け取りまでの流れ

BIGLOBEのキャッシュバック受け取りは他社プロバイダと比較しても受け取り難易度は低く、WiMAXを申し込んでサービスが開始された翌月に振り込みのための案内が届きます。

BIGLOBEのキャッシュバックの受け取りの流れは以下となります。

STEP
サービス開始後にBIGLOBEのマイページで「キャッシュバック対象月」を確認

ビッグローブ契約後にマイページにある「特典一覧」にて特典の適用条件や利用継続期間、キャッシュバック対象月も確認できます。

STEP
対象月(翌月1日)から45日以内にマイページに指定口座の入力を行う

キャッシュバック対象月になり条件を満たしている場合に「送金受け取り手続きのご案内」というメールが初月1日目に届くので、キャッシュバック振込先の口座指定手続きを行います。

STEP
指定口座手続きが完了から数日後に振込み

株式会社DGフィナンシャルテクノロジー(登録番号:関東財務局長第00094号)の「CASH POST」というサービスを介して指定した口座へ振込が行われます。

▶キャッシュバック特典の受取手続き方法について(BIGLOBE会員サポート)

ヒカモバ

キャッシュバックの受け取りの流れはしっかりと解説されていますし、手続きから数日で振り込まれるので安心してキャッシュバックを受け取りたい方はBIGLOBEがおすすめできます。

②GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック受け取りまでの流れ

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック受け取りまでの期間と手順

とくとくBBのキャッシュバック特典は翌月以降に受け取れるBIGLOBEと比べてもキャッシュバックの受け取り期間が12ヶ月後と、すぐには受け取れません。

最低でもWiMAXを契約してからは12ヶ月間の継続利用が確認できなければキャッシュバック受け取りの対象とならないので注意してください。

ヒカモバ

ですのでこのGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを申し込みする方はキャッシュバックの受け取り期間をしっかりと理解し、受け取り期間間近でしっかりと確認できるようカレンダー登録やリマインダー登録をしておいた方が良いでしょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取りの流れは以下となります。

STEP
11ヶ月目に「とくとくBBnavi」会員専用メールへ通知

GMOとくとくBBで作成した専用の基本メールアドレス宛にキャッシュバック振込関する指定口座確認のメールが届きます。※ご自身が使っているメールアドレス宛には届かないので注意

STEP
ログインし該当(GMO専用の)新規メールアドレスに対して届いた翌月末までに振込先登録を行う

メール送信日より翌月の末日までが期限なので、その期限内で必ず手続きを行う必要があります。※合わせて口座情報に不備がないかしっかり確認してください。

STEP
手続きあった翌月末(約12ヶ月後以降)までに指定口座へ振込

このようにWiMAX申し込みから端末発送日から11ヶ月目のキャッシュバック受け取りメールを確認し指定口座の登録手続きを行うことが条件となり、もしも翌月末までに手続きができなければキャッシュバックが受けれないという事になりかねません。

もしも契約期間などを忘れてしまいそうな方はキャッシュバックが受け取れない可能性がありますので契約日からの日付に関しては注意深くチェックしておく必要があります。

他社解約違約金補助のキャッシュバックの場合

他社解約金補助の場合はWiMAXを申し込み後に【解約金キャッシュバック申請フォーム】にて申し込みを行っておく必要があります。

他社解約金補助キャッシュバックの適用手順は以下

STEP
申し込み完了メールに記載の【解約金キャッシュバック申請フォーム】のURLから申し込み

GMOとくとくBBから届くメールをしっかりとチェックしておき、このフォームを確認してください。

STEP
端末発送月から3ヶ月目の月末までに乗り換え元を解約する
STEP
解約した他社の解約金明細書や端末代金残債の証明証等の写真を提出
STEP
11ヶ月目に「とくとくBBnavi」会員専用メールへ通知

期間が空きますが、後日GMOとくとくBBからキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが届くので、口座情報の登録を行い翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込みが行われます。

【重要】メールが届くのは「とくとくBBnavi会員専用メール」宛

GMOとくとくBBのキャシュバック受け取りにおいて、最もやっいな点は自分が普段から使っているメールアドレス宛にキャッシュバック受け取りのメールが届くわけではなく、GMOとくとくBB契約時に登録するとくとくBB専用のメールアドレス宛にこのメールが届く仕組みになっている点です。

普段から使っているメールアドレスにこのキャシュバック専用のメールが届くのであればよいのですが、そうもいかないのがこの難易度が高い理由です。

とくとくBBでWiMAXを申し込みした方は「BBnavi」という会員専用サイトのログインができるようになり、この会員専用サイトのメールボックス宛にメールが届きます。

GMOとくとくBBのキャッシュバックメールはGMOのメールアドレス宛に届くため普段使っているメールアドレスへ転送手続きを行っておく

ただしここで「メールの転送設定」という手続で普段から自分が利用しているメール宛にそのメールを転送できるため、契約したら最初の段階で行っておけばのでキャッシュバック受け取り期間を逃さないようにできるため、この設定を行うことをおすすめします。

▶WEBメールについて(GMOとくとくBB会員サポート)

ヒカモバ

またメール転送がうまくいかないケースも想定してスマホアプリのカレンダーやリマインダー機能などでキャッシュバック受け取り月に通知が行くように設定しておいた方が絶対良いです。という理由からBIGLOBEと比べると受け取り難易度は高めですね^^;

▶キャッシュバックと他社解約違約金補助の受け取り方法(GMOとくとくBB会員サポート)

【まとめ】WiMAXのキャッシュバックを含めて最も得するのは?

受け取り難易度プロバイダキャッシュバック額受け取り期間
★★★★★ビッグローブ11,500円サービス開始翌月
★★★★☆とくとくBB23,000円

最大40,000円の解約違約金等を負担
12ヶ月後

この5社を比較するとキャッシュバック額は高くても受け取りまでのハードルが高かったり、受け取りが早いがキャッシュバック額が少ないという結果がありなかなか判断が難しいと思います。

・キャッシュバックがすぐほしい方
・契約期間に縛られたくない
・2年間総合的に最安で使いたい
・クレジットカード以外の支払い方法希望者
BIGLOBE」がおすすめ
・現在利用中のサービス解約に解約金がかかる
・3年継続で総合的に最安で使いたい
GMOとくとくBB」がおすすめ
・auもしくはUQモバイルユーザー
・最新機種を使いたい
・端末に支払う金額を最小限にしたい
UQWiMAX」がおすすめ
ヒカモバ

属性で分けると上記のような検討の仕方が良いと思いますが、この4つのプロバイダをしっかりと公式サイトなどで詳しくチェックし検討したほうが良いですね。

キャッシュバック等も含めてよりトータルで安く使えるWiMAXプランはどれなのかをしっかりと確認したいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

WiMAXのキャッシュバックについてのQ&A

説明が長く内容をまとめるのに大変かと思いますので、完結に以下ではQ&A方式でWiMAXのキャッシュバックの要点等についてチェックできます。

キャッシュバックを受け取れる期間を知りたい

キャッシュバックの受け取りまでの期間は各プロバイダによって異なります。以下を確認してください。

プロバイダ別キャッシュバック受け取り可能までの期間
BIGLOBEサービス開始翌月以降
(最短)
GMOとくとくBBサービス開始から12ヶ月以降
ZEUS WiMAXサービス開始から12ヶ月以降
DTIサービス開始から13ヶ月以降

WEBで申し込み受け付けを行っているWiMAXプロバイダは即日の受け取りではなく受け取りまである程度期間があるため注意が必要です。

キャッシュバックの条件は?

キャッシュバックが受け取れる条件においてはプロバイダ毎で異なります。

プロバイダ別キャッシュバック受け取り条件
BIGLOBEデータ端末購入と同時申し込み
GMOとくとくBBデータ端末購入と同時申し込みから11ヶ月以上の利用継続
ZEUS WiMAX3年契約でなおかつ「端末あんしんオプション」「丸ごと安心パック for ZEUS WiFi」のオプションに加入し、11ヶ月末までの利用継続の確認が取れる場合
DTI利用開始から13ヶ月まで継続して利用の確認が取れる場合
キャッシュバックはどのように受け取りますか?

ここで紹介しているプロバイダは大半が案内に沿ってご自身が利用している指定口座を登録し、その口座への振り込みによるキャッシュバックとなります。

※カシモWiMAXは返却プログラム利用によりギフト券での還元、Broad WiMAXは当サイト経由ではキャッシュバックを実施していません。

キャッバック受け取りの注意点は?

キャッシュバックが受け取り手続きが必要なメールが届き、そのメールの内容に従って口座登録を行う必要があります。

またこの受取メールからの手続きにおいては受け取り期間が設けられておりその期間内に手続きを行わないとキャッシュバックが受け取れない可能性があるため注意が必要です。

各プロバイダ毎にこのキャッシュバック手続きの流れが公式サイトに記載してあるので、申し込み前にしっかりとチェックしておきましょう。

キャッシュバックの案内メールはどこに届きますか?

キャッシュバックの案内メールはどのプロバイダも基本的に契約登録時に入力したメールアドレス宛に届きますが、GMOとくとくBBだけは特殊で契約時にアカウント作成したGMO専用メールアドレス宛に届くので注意が必要です。

プロバイダ別メールの送信先
BIGLOBE WiMAX登録時に使用した自分のメールアドレス宛
ZEUS WiMAX
DTI WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX契約時に登録して発行するとくとくBBnavi専用のメールアドレス宛 ※自分のメールアドレス宛には届きません。

その他のWiMAXに関する記事

相談受け付けています。

ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次