MENU
相談受け付けています。
ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

工事不要なWiFiのデメリットをまとめ。その上でどんな人に向いている?

工事不要なWiFiのデメリットをまとめ。その上でどんな人に向いている?

引っ越しシーズンや新しく自宅にWi-Fi環境を整えたい方が面倒なインターネット工事を行わずに利用することができる「置くだけWi-Fi」「コンセントに差すだけのWi-Fi」として普及しているWi-Fiサービス。

結論から伝えると、工事不要WiFiはスマホと同じ通信を使っているので光回線と比べると安定性が低いというのが最大のデメリットとなります。

ヒカモバ

またそれ以外にも存在する工事不要WiFiのデメリットを理解した上でどんな人が工事不要なWiFiを使うべきかを以下でまとめています。

目次

【デメリットを知る前に】工事不要なWiFiの特徴をおさらい

工事のいらないWiFiの特徴はコンセントに差すだけですぐにネットが使える

工事が不要なWiFiは「ホームルーターと呼ばれるWiFi端末を自宅のコンセントに差し込んで電源を入れるだけでWiFi環境が整うインターネットサービス」です。

ヒカモバ

よって固定回線のようなインターネットケーブルを引くための工事などが不要で、申込みから専用の端末(ホームルーター)が届くだけですぐにインターネットを使える手軽さがあります。

工事が不要なWiFiの特徴
  • 工事不要なためすぐに始められる
  • 引っ越しの時にも面倒な手続きは不要
  • コンセントに差してかんたんな設定だけでOK

工事が必要なWiFiとの違い

工事が必要なWiFiサービスは光回線やケーブルテレビ等の固定回線という分類となり、基地局より電柱を通してインターネットケーブル(光ケーブル)を自宅へ通す作業が必要となります。

工事を行うWiFiと工事が行われないWiFiの違い

逆に工事が不要なWiFiはケーブルを通す作業が不要となり、最寄りの基地局から携帯やスマホの様に電波を受信してWiFi通信を行うという大きな違いがあります。

ヒカモバ

これらの理由で工事が必要なWiFiインターネットは申込みから利用開始まで最短でも2週間〜もしくは1、2ヶ月かかることがあり、逆に工事が不要なWiFiインターネットは申込みから最短でも1週間程度で始めることができるのが最大のメリットとなりります。

工事不要なWiFiのデメリット

上記で解説した工事不要なWiFiサービスの特徴を理解した上でここではデメリットを述べていきます。

①障害物に弱く通信品質の安定度が低い

工事不要なWiFiタイプは光回線と比べてカバレッジエリア(電波を送受信する可能な範囲)が限られており、物理的な障害物・コンクリートや電波を通さない壁などによる影響を非常に受けやすいネットタイプです。

工事不要なWiFiは障害物に弱く通信が安定しない場合がある

この仕組みと同じスマホやケータイでネットを使っていると、ゴールデンタイムや多くの人がネットを使う混雑時など、工事不要なWiFiは通信速度や通信品質にばらつきがあり安定度は低いです。

また自宅に設置するホームルーターはネットを使うための電波を受信する性質上、自宅の建物の構造や障害物によって通信の安定度も非常に大きく左右されます。

工事不要のWiFiは窓際に置くことで安定度が改善することがある

工事不要のWiFiはこのように基地局からインターネット通信の電波を無線で受信する性質のため、対策方法としては窓際にホームルーターを設置したりするなど「電波をうまく受信しやすい」環境を自分で作らなければなりません。

ヒカモバ

特にWiMAXや楽天モバイルなどのプラチナバンドの通信が使えないWiFiサービスを利用する際には遮蔽物が少ない窓際に置くことで改善することも多々あるので検討している方はこういった対策を施さなければなりません。

②アップロード速度が遅い

最近ではYouTubeやSNSなどにファイルサイズが大きい動画や写真をアップロードすることが気軽にできるようになっています。

工事不要なWiFiはデータのアップロード速度が遅い

下り速度が影響するダウンロードとは異なり、工事不要なWiFiのアップロード速度(上り速度)は光回線や固定回線と比べて低速で、数GBを超えるファイルアップロードにはどうしても時間がかかります。

工事不要のWiFi
(ホームルーター)
工事ありのWiFi
(光回線)
  • 上り最大速度 平均20Mbps
  • 上り最大速度 平均300Mbps

スマホのカメラが年々と高画質化してそれに伴いファイル容量が大きくなる一方で、YouTube、TikTok、インスタグラム等のサービスへ気軽にアップロードできますが、こういった点で工事不要なWiFiは足を引っ張ってしまいます。

今ではキャリアのLTEは4Gだけではなく、高速の5G通信も利用できるようになっていますが5Gのアップロード速度は4G時代とほぼ変わらずダウンロード速度のみが高速化している印象です。

モバイル回線
(工事不要WiFi)
光回線
(工事ありWiFi)
  • アップロード完了まで3時間
  • アップロード完了まで10分

実際に10分の4K動画(約10GBのファイル)をYouTubeにアップロードした場合のアップロード完了までにかかる時間を検証したところ、工事を行って導入した光回線の方が10倍以上速かったです。

逆に光回線でアップロードを試してみるとサクサクと進み処理が速く終わるため、工事不要のWiFiのモバイル回線と光回線のアップロードの完了までの時間には雲泥の差があります。

ヒカモバ

特にアップロード作業が多いクリエイターや仕事の関係上で大きなファイルの送受信を行うような方は工事不要のWiFi(ホームルーター)よりも断然光回線などの高速インターネットの方が効率が良いです。

③下り通信速度も同じく光回線に比べ低速

UQWiMAXのスピードテスト。遅いと8Mbpsになることも

https://twitter.com/M1911_45ACP/status/1614073917685264384

上記で述べたアップロード時間(上り速度)と同じく、自宅に直接インターネットケーブルを引き込んだ工事を行うWiFiインターネット(光回線・固定回線)と比べるとやはり最大速度や実際の速度は遅くなる傾向にあります。

ahamoに切り替えて5G解放ができたので測ってみたら速度がすごいんだが。

https://twitter.com/takaton_Cats/status/1634743207253921793

最近では5G回線などの光回線に引けを取らない速度を実現しつつありますが、まだまだ光回線の安定した下り速度には到底かなわないのも事実です。

スマホのアプリ程度のダウンロードであればあまり大きな変化を感じないですが、10GBを超えるゲームファイルや大容量ファイルのやり取りの頻度が多い場合は工事不要なWiFiだとどうしてもストレスを感じてしまうでしょう。

ヒカモバ

スマホアプリ程度であれば問題はありませんが、パソコンやゲーム機などの大容量となるゲームのアップデートデータをダウンロードする場合などは光回線の5倍、10倍の時間がかかるなど不便を感じる場合が多いです。

特に雨の日、夜のゴールデンタイム、自然災害などが起きた時、正月などのイベント時には回線が混み合う場合が多く、通常よりも速度低下や通信の安定度が低いケースがあります。

④遅延・ラグなどの常時安定した通信を保つのは厳しい

光回線とモバイル回線(工事不要WiFi)の通信の安定度に関しても大きな差があり、特に遅延(レイテンシー)に関しては光回線に比べて頻発することが多いです。

これによりオンラインゲームやビデオ通話(Live放送)などのリアルタイム性が重要とされるアプリケーションでは大きな影響を及ぼす可能性が高くなります。

もしもインターネットを使ってオンラインゲームやLive放送の閲覧などをメインで検討している方は一度考え直し光回線を改めて検討することをおすすめします。

⑤ある一定の利用で速度制限・通信制限が発生する

工事のいらないWiFiは完全無制限ではなく使いすぎると速度制限が行われる

ドコモのhome 5GやWiMAX、ソフトバンクAirなどモバイル回線を使った工事不要なWiFiサービスは公式サイト等で基本的に無制限と表記がされていますが、ある一定の大量なデータ通信を行い過ぎた場合は速度制限が行われる規定があります。

ヒカモバ

各社公式サイトでも無制限のあとに※1などの表記がありますが、この「※」ほど重要な内容を書いてある場合が多いのでたくさんのデータ通信を行う可能性がある方は必ず目を通しておいてください。

工事のいらないWiFiサービスの速度制限に関する各公式サイトの表記

工事不要なWiFiサービス別速度制限に関する文言
home 5G
(ドコモ)
ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。
home 5Gの注意事項について(docomo公式)
WiMAX+5G
(UQ/KDDI)
より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
WiMAX +5Gネットワーク混雑回避のための速度制限につて
ソフトバンクAir
(ソフトバンク)
ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
SoftBank Ariの速度制限について
楽天モバイル
※2 公平なサービスのため、速度制限の場合あり。環境により速度低下する場合あり
サービスエリアの通信速度とデータ高速モードについて

これはモバイル回線である以上避けて通れない決まりごとであり、他の同サービスを使っているユーザーの快適な通信に影響を及ぼすのを防ぐために実施せざるを得ないことなんです。

特に最近都心ではドコモの4G LTEのネットワーク通信の品質が著しく低下し、ある一定の時間帯では繋がりにくくなっているという声も聞きくため同じドコモの通信エリアを使うhome 5Gにも少なからず影響が出ていると予想されます。

ヒカモバ

光回線も同じく完全無制限ということではありませんが、工事不要なWiFiを使ったモバイル回線と比べても10倍〜100倍ほどは制限についてもゆるく、光回線で制限にかかったという声はほぼ聞いたこがないレベルです。

無制限でも制限に掛かる可能性があるたくさんデータを使うシーン。

もしもこのような毎日たくさんのデータ通信を行う可能性があるサービスを使っている場合(1日10GBを超えるデータを使うなど)はいくら無制限と言われているホームルーターでも速度制限が急に行われる可能性はありますので、それを理解した上で検討してみてください。

楽天モバイル今月入ってテザリング、YouTube、アベマTV垂れ流してますが、全く速度制限ありません。5G爆速です。固定回線解約して年6万浮いてます。2年換算すると車検代ぐらいペイできます。

https://twitter.com/_pironori/status/1766758302724337891

楽天モバイルの1年間無料の最終月にて、ついに月間20GBオーバーと1日10GBオーバーによる速度制限を体感できた。10GB超えると3Mbpsに制限されるっぽいけど、1080pとかで動画みないならなにも困らない。

https://twitter.com/zolonet/status/1513039125334880257

なかなか無制限と言われているWiFiサービスで速度制限にかかるケースというのは多くないないですが、利用者の中には速度制限にかかったという声もSNS上に散見されるため、自分がどこまでデータ通信を行う可能性があるかを十分理解しておく必要があります。

ドコモのhome 5GやWiMAX+5G、ソフトバンクAir、楽天モバイルの制限がかかるまでのリミットなどは非公開なのと検証データが少ないため実際の数値は不明です。

利用するアプリ等のデータ量消費基準については検証結果を以下にまとめています。

【アプリ毎】1GBまでのデータ通信量と節約するための目安をまとめ

工事不要なWiFiはどんな人に向いている?

工事がいらないWiFiはどんな人向け?

ここまで工事のいらないWiFiについてデメリットをまとめてきましたが、結果的に光回線の劣化版というのは間違いなく、このデメリットをしっかりと理解した上で利用するなら工事不要WiFiをおすすめできる人は以下のような人になります。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • 適度にオンラインビデオを行う
  • 休日や夜に動画配信アプリなどを鑑賞をする
  • インターネットブラウジングをする
  • 学習のために検索ブラウザ等を使う
  • 週5日の7〜8時間テレワークやリモート学習(ZOOMなど)
  • YouTube等のSNSに高画質な動画のアップロード頻度が高い
  • 毎日長時間の動画配信サービスを見る
  • オンラインゲームでよく遊ぶ
  • 実況やSNSで配信を行う
  • 数十GBを超えるゲームアプリを良くダウンロードする

アップロードの速度や常時接続のマルチプレイゲーム、大容量のダウンロードファイル等がない場合には、比較的ライトに使う多くの人にはこの工事不要なWiFiはおすすめできます。

下り速度やアップロード速度を突き詰めれば不満が出てくるかもしれませんが、インターネット通信をメインとした生活や仕事に携わっていなければほとんどの方がこのホームルーターで事足りるのは事実です。

ただし万が一のことを考えてここで解説したデメリットについては予め理解した上で検討してみてください。

おすすめできない項目に該当する方は圧倒的に光回線を推奨します。

工事不要のWiFiのおすすめ業者は?

工事不要なWiFiのデメリットを理解したうえで「品質にこだわらない&速度はそこまで重視しないライトな利用用途」であれば光回線でなくとも十分だと考えられます。

工事が不要なWiFiのおすすめは?

工事がいらないコンセントに差すだけで使えるWiFiインターネットサービスがおすすめな人には以下の3つのホームルーターサービスを推奨します。

  • ドコモ契約者 ▶home 5G
  • au/UQ契約者なら ▶WiMAX+5G
  • ソフトバンク/Ymobile契約者なら ▶ソフトバンクAir
  • その他格安SIM契約者なら ▶どれでもOK

契約しているスマホ会社によってはセット割引の適用により月額利用料金が安くなることがあるので、それに合わせたホームルーターを選択するのが良いでしょう。

無制限で使い放題のドコモ「home 5G」
  • 月額料金4,950円
  • データ量無制限
  • ドコモユーザーなら最大1,100円割引
  • 設置はコンセントに差すだけで簡単!
  • 工事は不要!
  • 幅広いドコモのエリアが使える
  • 4G/5G対応
  • 29歳以下は最大12ヶ月は3,190円/月

キャンペーン窓口一覧 ※クリックで公式サイトへ

無制限で使い放題で安い「WiMAX+5G」
  • データを気にせず無制限に使える
  • 月額料金3,773円〜
  • auユーザーなら毎月最大1,100円割引
  • UQモバイルユーザーなら毎月最大1,100円割引
  • 設置はコンセントに差すだけで簡単!
  • auの4G/5Gエリアも対応

キャンペーン窓口一覧 ※クリックで公式サイトへ

WiMAXは数多くのプロバイダが存在しますが、総合的に最も安く使え、UQ本家とのKDDIグループつながりの安心感も含めるとBIGLOBE WiMAXが最もおすすめです。

\総合的にBIGLOBEが最安値/

ソフトバンク/Ymobileとの相性バツグン

ソフトバンクの「Softbank Air(ソフトバンクエアー)」

  • 月額料金2,167円〜
  • 月間データ容量が無制限で使える
  • Softbankユーザーなら毎月最大1,100円割引
  • Ymobileユーザーなら毎月最大1,100円割引
  • 設置はコンセントに差すだけで簡単!
  • Softbank4G/5Gエリアも対応

キャンペーン窓口一覧 ※クリックで公式サイトへ

工事不要なWiFiサービスやホームルーターについては以下の記事も参考に

相談受け付けています。

ヒカモバ(ネトセツ)では個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ヒカモバ(ネトセツ)へ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次